BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

コンパクトデジタルカメラで花フォト撮影

2013.03.06
投稿者:okada

 

ブログやホームページに不可欠な、きれいな写真。

一眼カメラがなくてはダメ・・と、お思いの方もいるかもしれませんが、
コンパクトデジタルカメラだって、大丈夫。

いまお持ちのコンパクトカメラで、 お花の写真をきれいに撮影してみましょう。

まず、こちらの写真をごらんください。

じつはこれ、コンパクトデジタルカメラで撮影したもの。

ブログであれば、この程度の写真で十分ですね^^

(今回使用したカメラは、ルミックスDMC-LX3という、
2008年販売されてすでに廃盤になった5年前のカメラです)

では、こんな写真を撮るための3つのポイントをお教えします!

①窓辺で撮影する
②露出を調整する
③レフ板を使用する

この3点に気をつければ、かなりきれいな写真が撮影できます。

①は説明不要かと思うので、
②の露出調整について説明しますね^^

カメラの背面や液晶モニターの中などに
このマークがあるので、探してみてください。


画像を明るくしたり、暗くしたりする「露出」を調整する場所です。
このマークのところで、好みの明るさになるまで、プラス方向へ露出を調整しましょう。
(暗くしたいときはマイナス方向です)

 

次に③のレフ板について説明します。

レフ板は、白いものであれば工作ボード、ボール紙など、なんでもOKです。
これを、2枚つなげて屏風のようにしたり、 足をつけたりして自立させてください。  

窓辺で撮影すると、逆光で手前が暗くなりますね。
下の写真だと、矢印のローズのあたりです。
レフ板を使ってここに光をあてます。

逆光で背景はボンヤリぼけ、
レフ板効果で手前のローズはくっきり明るく。
一眼っぽい雰囲気が出せます。

露出を調整するだけでも、かなり明るい写真になるので、
ぜひトライしてみてくださいね^^

 

リップルのおかだそのこ

体験レッスン

カレンダー

2013年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。