BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

【クッション材】有効活用の為の便利な方法。

2013.03.15
投稿者:okada

 

プリザーブドフラワーはとても繊細なため、
【クッション材】がタップリはいったボックスに、そっと入れられています。

このクッション材、買うと案外高いもの。

きょうは、このクッション材を、便利に使う方法をお教えいたします。

 

まず、このクッション材、アレンジメントをラッピングする際に、
お花がつぶれないよう、クッションとしてラッピングの内側に入れます。

せっかくステキにできたアレンジ、
そのままの姿でお家まで生徒様にお持ち帰りいただく気配り、大事ですよね^^

 

さてこのクッション材、
皆様どのように保存していますか。

私は以前、大きなビニール袋にひたすらつめて、
そのビニール袋からクッション材を取り出しながら、
完成アレンジにお入れしていました。

でも、なんだかかわいくなし、
保存しておくのにも不便。
さらに、必要以上の量が取れてしまうのも、イヤでした。

 

そこで、思いついたのがこんな方法です。
使用するのは、プリザーブドフラワーが入っていた箱のみ。

まずフィルムの部分を、ティッシュボックスの取り出し口のように切り抜きます。

 

 

フタを元に戻します。

 

 

 

 

こうすると、クッション材を取り出すのが簡単!
ちょうど良い適量が引き出せるのも便利です。

 

こんな風に、プリザーブドの箱と一緒にさりげなく おいて置けます。

すぐにできる簡単な方法なので、ぜひお試しください^^

 
リップル」おかだそのこ

体験レッスン

カレンダー

2013年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。