BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

アレンジメントが生き生き!あると便利な花材【グリーン編】

2013.03.19
投稿者:okada

 

本日はプリザーブドフラワーのアレンジメントにあると便利な材料を
ご紹介いたします。
プラスαすることで、アレンジがいきいきと見える、とても重要な材料です。

 

プリザーブドフラワーには茎がない為、完成したアレンジに動きが出にくく、
なんとなく物足りなさを感じる時はありませんか?

そんな時に有効なのは、グリーンの素材でラインを出す方法。

●プリザーブドグリーンで緑の線(ライン)をアレンジにプラスしましょう。
躍動感出したり、アレンジを大きく見せるのに効果的です!

【ライン使いにオススメのプリザーブドグリーン】
◆ベアグラス
◆ミスカンサス
◆サンウィーバイン(写真上)
◆ワイヤープランツ
◆アイビー・シャムロック(写真下)など・・

プリザーブドのグリーンには、高級感があるので、
ワンランク上のアレンジにぴったりです!

 

●さらにアーティフィシャルフラワーグリーンで効果的に!

プリザーブドのグリーンは、高級感がありステキですが、デリケートな面もあります。
その点、アーティフィシャルグリーンは丈夫なので、応用範囲が広く手軽に使えます。

たとえば、流れるようなラインをだしたいな・・・という時、
プリザーブドではワンテクニック必要でも、
アートフラワーならワイヤーが入っているので簡単に、
思いのままのラインを作り出せます。


アレンジが完成したら、1歩下がって全体のバランスをみてみましょう。

バランスがおかしい、なにかものたりないと感じたら、リーフの出番です。
上の写真のでは、グリーンをプラスしたことで、
流れるような緑のラインが際立つ、モダンなアレンジになりました。

「グリーンプラス」でいつものアレンジを、
ワンランク上のアレンジに変身させてくださいね。

 

皆様の素敵な花作りのヒントになりますように^^

 

フルールアンジェリック」小久保早苗

体験レッスン

カレンダー

2013年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。