BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

女子が教育機会を得る事は次世代を育てること 20年分の寄付を

フラワーエデュケーションジャパン
(写真はルームトゥリード さまよりお借りいたしました)

  

この度、フラワーエデュケーションジャパンより、


「女子教育プログラム」

20年分の寄付をさせて頂いたことをご報告いたします。

子供たちの教育が、貧困を救う一助になります。

中でも、女の子は特に重要な役割をします。それは、彼女たちが母親になった時に、子供たちにも教育を受ける文化が引き継がれるからです。

詳しくはこちらをご覧くださいね。

なぜ女子教育なのか


これまでの寄付は全て私や夫個人でのものでしたが、

今回の20年女子教育プログラムの寄付は、FEJの皆様のテキスト代の一部を使わせて頂きました。

皆様、ありがとうざいます。

できる人が、必要なところへ、必要なものを届ける。

これが当たり前の世の中になるといいなあと思います。

最近は、プロボノといって、各分野の専門家が、職業上持っている知識・スキルや経験を 活かして社会貢献する活動も活発になってきました。先日お会いした才能あるライターさんもそのお一人。

できる人が、できることをやり、しかも楽しくやる!ということがいいんじゃないかなあと思うのです。

体験レッスン

カレンダー

2013年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。