BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

男性からのお問い合わせにどう対応するか?最新お花情報配信☆

隔週でお届けしている会員様向け「花情報」

今週のテーマは

【男性からのお問い合わせにどう対応するか?】


花教室をされている方の女性のほとんどは自宅を開放してのレッスンです。

セキュリテイ上、女性ひとりの教室では男性の生徒様を受け入れるのに抵抗があります(このあたりは非常に男性には申し訳ないのですが。)

私たち本校のようにスタジオがあり、常に人の出入りがある教室ですと問題ありませんが、

「男性からのレッスンの問い合わせ、どうしたらいいでしょう~??」

というご相談、よくあるのです。

今回は男性かもしれないお客様からのお問い合わせを、自宅サロンを運営している講師が受けた場合の対応方法 についてのくわしいQ&Aを、お悩みならどんなことでもおまかせと評判の(?)本部・岡村がお答えしております。

イントロダクションを少しだけ、ご紹介いたします。

ケース1


「メールでレッスンのお問い合わせがあったお客様がもしかすると男性かも…どうしたらよいでしょうか?」


ご自宅をサロンとして開放している先生なので、男性だったらお断りしたいとのことでした。でも違うかもしれないし、どのように対応すればいいのかわからなかったそうです。


このような場合は、以下のようなご返信をオススメします。


「はじめまして。わたくし○○フラワースクールの●●と申します・・・・

・・・といった感じです(会員様向けのため、詳しくかけず申し訳ありません)。
まだお読みでない会員の皆様は、ぜひご一読くださいませ。

詳細な回答文例がケースごとに載っていますので、本当に参考になると思います。

困っている場合などお役立ていただけたら嬉しいです。

花の教室を運営していると、思いもよらないさまざまな事例に出合います。

フラワーエデュケーションには、日々そうしたお悩みのご相談がメールやお電話で数多く寄せらます。

その中には「え?そんなことが」と耳を疑うようなこともあれば、「うんうん、良くあるよね」というようなお悩みもあり。

そこで今週、FEJ全会員の皆様へ配信した「最新お花情報」では、

「お問い合わせをいただいたのですが…どうすればいいのでしょうか?」
「こんな風にお客様に怒られた場合、どうすればよかったのでしょうか?」


といった悩みにお答えしております。
(比較的良く皆様がお持ちのお悩みではないかと思います)

フラワーエデュケーションジャパンでは、資格を取得したらそれでおしまい、ではありません。さまざまな視点や角度から、会員の皆様がお教室運営をしていく上で大事なことや最新の情報を常にお伝えしています。お悩みやご質問にも丁寧にお答えできるように、スタッフ一同日々フォローアップに全力で取り組んでおります。

もうすぐ配信の講師向けコンサルルーム「マコの部屋」今回もかなり良い内容です。こちらも楽しみにしていてくださいね^^

それでは皆様、素敵な日曜日をお過ごしくださいませ。


体験レッスン

カレンダー

2014年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。