BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

新しくスクールを始める先生へ!【グルーやグルーガンの種類と選び方】

2015.10.01
投稿者:okada

 

 

プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーのレッスンにはグルーは必要不可欠なアイテムですよね。ところでグルーポットやグルーガンには高温用と低温用があることはご存じでしょうか?

1

それぞれの器具にあったグルーやグルーチップを選んで使わないと、十分な接着ができなかったり、器具の破損の原因にもなるので注意が必要です。

 

こちらのよく100均などでも売られているグルーガンは低温用です。
2
一般的に紙などを貼ったりするのはこちらで十分です。低温用のグルーガンには低温用のグルーを使います。

一方お花のレッスンなどで使うグルーは高温用がおすすめです。低温用では接着が弱くてポロっと取れてしまうことも・・。

資材屋さんには高温と低温の切り替えができるグルーガンもあります。

 

3
これなら用途によって使い分けができるので便利ですよね^^

 

そして高温用のグルーガンには高温用のグルーを使います。
4

 

 

グルーポットにも高温用と低温用の器具があります。
5
左の黄色いグルーチップはグルーの中でも一番高温になるグルーポット専用のチップです。

粘着力が強いので、しっかりと接着したいアレンジなどに便利ですが、とても高温になるのでヤケドなどには注意してくださいね。

グルーガンもグルーポットも、お子様やペットがいる場所での利用は特に十分な注意が必要です。
安全に、そして上手に使い分けをして制作を楽しみたいですね^^

 

「フレーズ(FEJ神奈川試験校)」柘植 恭子
http://ameblo.jp/koubou-hanakomachi/

プロフィール150

体験レッスン

カレンダー

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。