BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

私の愛する花ばさみ「播州刃物」

2016.05.04
投稿者:fujie

皆様はお気に入りの花ばさみはありますか?

プリザーブドフラワーやアーテイフィシャルフラワーの茎はワイヤーが入っているので、ニッパーや専用のはさみを使います。

この場合、ワイヤーをカットするので消耗が激しく、高級なものを購入するより安いものをどんどん買った方が私には合っていますので特にお気に入りはありません。でも生花を扱う時は「播州刃物の花ばさみ」を愛用しています

IMG_2886

私が愛する花ばさみ「播州刃物」について

自宅で時々飾る生花。早起きしてフレッシュな花をお水から出し、ちょきん!と小気味よい音を聞きながら活ける時間が何とも好きです。今日はそんな私の愛する時間に必ず登場する播州刃物の花ばさみについてご紹介したいと思います。

詳しくはこちらのサイトをご覧いただくのがいいと思いますが、私のフェイバリット花ばさみ播州刃物は兵庫県にあります。ここは金物産業が盛んなところだったそうです。

播州はもの

 

播州刃物とは(サイトより引用させて頂いております)

現在の兵庫県南西部「播州」に昔から根付く金物産業は、刀の鍛造が元々の始まりだと言われています。産業の起こりは刃物の日用品として髭剃りからはじまり、現在では様々な刃物が製造されています。約250年間、お客様のご要望にお応えしてきた結果、様々なデザインが生まれました。研ぎ直しのご要望にもその刃物をこしらえた職人自らがお答えして参りました。職人とお客様の手と手の間を何度も渡ることで末永く刃物を使っていただけます。

(余談ですが)今リンクするためにサイトを見ましたら、TOPページに「 ※現在鍛冶屋の後継者を探しています。本気でやりたい方を探しています。興味のある方はご連絡ください。」と書いてありました。余計なお世話ですが、どなたかいないですかね?

良いものを使っていると気分が上がります


image

肌になじむさらりとした素材の服を着ると一日気分よく過ごせるように、良いものを使うと気持ちが上がります。

播州刃物の花ばさみは私にとってそんなアイテム。

1点1点職人さんが作ってくれた花ばさみで、朝からちょきんと心地よい音を聞いて活ける時間は私にとって本当に贅沢な時間なのです。

image

こんな素敵な桐箱で届きます

image播州刃物屋さんで花ばさみを買うと桐箱で届きます。蓋をあけると、中には同じく播州地域で作られている「播州織」で包まれたハサミが出てきます。こんな風にしてはさみが届いたら誰でも長く大事にしていきたくなりますよね。

花を扱う者として、粋な包み方も参考になります。

ここでは悪くなった刃は研ぎなおしてくれます。たくさんのもので溢れている時代の今だからこそ、一つのものを大切に永く使っていくことがかっこよくそして素敵に見える今日この頃です。

profminimini

体験レッスン

カレンダー

2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。