BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

【教室を大きくする企業様とのお仕事の全てを教えますシリーズ】フラワートピックス配信しています

2016.06.04
投稿者:okada

 フラワーエデュケーションジャパンでは会員様の花活動を応援する為に、会員限定メルマガ「フラワートピックス」を配信しています。

フラワートピックスでは、日本中で活躍するFEJのトップデザイナーの先生方の貴重な体験をもとに、教室運営や花活動にまつわるノウハウなどを公開しています。

こちらのFEJブログでも「花活動のヒント『フラワートピックス」』というカテゴリーに同じ内容をアップしており、会員の方ならどなたでも過去記事からご覧いただけます。

まだご覧になっていない方は、こちらからパスワードを入れてお読みいただけます。

ただいま配信中のテーマは【教室を大きくする企業様とのお仕事の全てを教えますVol.2】です。


教室を運営していく中で多くの方が突き当るのが、

「どうしたら教室にもっとたくさんの生徒さんを呼べるか」

「花関係の仕事を増やすにはどうしたら良いのか」

といったお悩みではないでしょうか。

このお悩みに明確な答えは無いのですが(先生方それぞれにやるべきことが違う為)、ヒントのひとつとして、北海道試験校の中川先生が、企業様とのお仕事の取り組み方について、今回のシリーズでご紹介してくださっています。

●シリーズ1では、公共施設から始めた教室が、企業様との取り組みによって大きくなっていった様子ついて。

●シリーズ2では、テレビ局とのタイアップ企画、ドーム球場でのイベントの全工程を紹介しています。

イベントの出店は、初めての時には、何から手を付けて良いのか、価格や個数の設定はどうしたら良いのか、企業様とのやりとりはどんな感じなのか、わからないことが多くて戸惑われると思います。

そんな場合の参考に、こちらの記事をして頂ければと思います。

 配信中フラワートピックス(途中抜粋)

●ワークショップと販売

【価格設定200円の壁】

ワークショップ、メイン商品とも価格は1,200円(税込)に設定しました。

基本的に価格設定は、このイベントでは自由です。

しかし、出来るだけ安価で提供してほしい旨、企画側から希望をいただいていました。お祭りイベントであることなどから、採算が取れるギリギリの価格ということで、今年はこの数字になりました。

実は前年、1,000円(税込)でどちらも完売していました。

そこで今年は、昨年の売れ行きが良かったことと、花材の値上がりも考慮し、200円アップすることにしてみたのです。

o0500066813554515154

ところが、この200円が思いの他大きな壁となり、完売には至りませんでした。

最終日の閉店30分前、試験的に1,000円に値下したところ、ワークショップ、販売共に一気に動き出し、お一人で2~4個まとめ買いされるお客さまもこの時間帯に出るほどでした。

飲食などが低価格であることや、買い物ではなくお祭りイベントであることなどから、1,000円というキリの良い数字だと衝動買をしていただけるのかな、と思いました。

【予想外に売れたものは・・】


そうした中、予想外の出来事がありました。

試験的に4,000円台で販売した……(続きは配信中のフラワートピックスでご覧下さい。)

☆フラワートピックスはご登録のメールアドレスに配信、過去に配信されたものはこちらからパスワードを入れてお読みいただけます。

 会員の皆様の花活動のお役に立つ情報をこれからもお届けして参りたいと思います。リクエストなどあれば、お気軽に本部へどうぞ!

 

 

 

 

体験レッスン

カレンダー

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。