BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

プリザーブドフラワーの基本のき「花びらリペアの方法」ガーベラも解説します

2017.02.22
投稿者:matukawa

dsc_9182

フラワーエデュケーションジャパンの松川です。

前後編でお送りしている「プリザーブドフラワーの基本のキシリーズ」。

前回は「サハラボンドトグルー、どちらで留める?」をとして、フォーム土台のあれこれについて、お話させていただきました。

後編では、知っていると便利なプリザーブドフラワーのリペアや補強の方法も合わせてご紹介いたします。基本を一緒にご確認いただけたらと思います!

プリザーブドフラワーローズのリペア方法

前編に続きまして、後編ではプリザーブドフラワーのリペア方法についてご紹介致します。

プリザブドフラワーは生花を加工していて箱に入って届くので、花びらが最初から切れている、花びらが折れてしまっている、ということが多々あります。

例えば画像のお花のように、花びらが切れている場合、ハサミでカットして切れている箇所をリペアしておきましょう。

開花をすると花びらの切れは特に目立ってきます。

また、画像のように花びらが折れてしまっている場合は、指でプレスすることでかなり修復致します。

折れていた花びらがこちらのようにきれいなカーブになります。

プリザーブドフラワーの補強

プリザーブドフラワーが浸透し、プリザーブドのウエディングブーケをお持ちになる花嫁様が増えてきていますね。

一生に一度を華やかに飾るブーケだからこそ、お花が落ちてしまった、なんてことがあっては大変です。そこでプリザーブドフラワーの補強方法についてご紹介させていただきます。

プリザーブドフラワーをブーケに使用する際は、必ずインソーションします。

インソーションするのは、万が一花首が折れてしまってもお花が落ちないようにする為です。

インソーションで補強【ローズ】

22番フラワーワイヤーを半分にカットし、フックを作ります。

ローズの中心から22番ワイヤーを通していきます(インソーション)。

優しくフックが花芯でとまるところまでひっぱります(インソーションの後はいつも通りクロスメソッドを施します)。

また、ブーケで使用する際はフローラルテープで巻いて使うことが多いかと思います。

画像のように巻きはじめの位置にグルーをつけてから巻き下ろすと、花首がよりしっかり固定されます。

グルーが乾く前にテープで巻くのかポイントです。

インソーションで補強【ガーベラ】

最後にとっても可愛くて人気の花材プリザーブドガーベラのワイヤリング方法と補強方法をご紹介致します。

ローズと同様にインソーションをし、ガーベラの中心から挿していきます。

インソーション後はツイスティングしておきましょう(フラワーワイヤーは24番になります)。

フローラルテープで巻き下ろす際は、こちらもローズと同様にグルーを少量つけておくとしっかり固定されます。ブーケではなくアレンジメントに使う場合は、テープは花首だけで大丈夫です。

ガーベラはとても可愛らしい人気の花材なのですが、難点は若干花びらが取れやすいということです。

画像のように裏側にボンドをつけておくと安心です。つけ過ぎにはご注意ください。(グルーも可)

また、花びらが取れてしまった時は、花びらに少量のボンドをつけて挿しこんで下さい。

後編・おわりに

販売のプロ、FEJデザイナーズが使っているテクニックや資材をこっそりご紹介いたしましたが、いかがだったでしょうか。

知っているようで実は人と違う、アレンジ前の処理やテクニック。これが正解というものはありませんが、いろいろな方法を知っていることで、様々なシーンやアレンジメントに対応できるようになります。

見た目もステキで作りもしっかりしたハイクオリティなアレンジ作りにお役立ていただければと思います。

松川

 

 こちらの記事もオススメです
 
体験レッスン

カレンダー

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。