BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

【会員専用無料メルマガ】あわあわ(@_@)出張レッスンで失敗!誰か助けてこんな失敗談から学べ

2017.03.10
投稿者:okada

FEJ会員の皆様へ毎月お届けしている無料メルマガ「フラワートピックス」。旬の情報から講師として必要な知識まで、花にまつわる様々なトピックスをお届けし、花活動のヒントにしていただいています。

 お花の仕事をしていると、時々出張レッスンのご依頼を受けることがあります。特にこれから暖かい季節を迎えてGWまでの間は、イベントレッスンなどのお声が掛かりやすくなる時期です。

出張レッスンでは、花材から道具一式全てを持ち運びしないといけませんし、初めて行く場所では想定外のトラブルに見舞われることがあります。

そこで今月は、出張レッスンをこれからやってみたい!という方の参考になるよう、実際に起こった失敗談を先生にお聞きしました。

失敗談を教えて下さったのは東京のオフィシャルスクール「リップル」おかだ先生です。

「Lipple リップル」
http://lipple.info/
http://ameblo.jp/lipple-style

 

 


今回、おかだ先生がご紹介して下さったエピソードは全部で9つです。

・その1)出張料金の規定を細かく決めていなかった~リサーチ不足~

・その2)延長コードが無かった~予想外の資材が必要なことがある~
・その3)グルーガンが足りなくなった~想定以上に必要だった資材~
・その4)道に迷った~ナビはセットしたものの~
・その5)車が止められなかった~ゆとりをもってレッスンへ伺う~
・その6)花を忘れた~かわりが効く忘れもの~
・その7)クリアケースを忘れた~かわりが効かない忘れ物~
・その8)時間が足りない!~時間よりやや早く終わらせる設定が大事~
・その9)時間が大幅に余った~時間が万が一余った時の対処を考えておく~
 
 ・ ・ ・ これらについて、を本編では教えて下さっています。こちらではダイジェスト版になりますが、一部をご紹介いたします。それではどうぞ、ご覧下さい!

(ここからメルマガの内容を一部抜粋します)

皆様こんにちは。「Lipple リップル」おかだそのこと申します。モノづくりが好きな方が集まる街、東京・吉祥寺で教室を主宰しています。

今回、この記事を書くに当たり良くよく考えてみると、今まで随分たくさんの出張レッスンを行ってきたことに改めて気が付きました。

もちろん、数々の失敗もしてきました!

そのことを考えると走馬灯のように苦い思い出が蘇ってきて、ちょっぴりせつない気持ちになったのですが(笑)、これから出張レッスンをしてみたいと思っている方に、私の失敗談が少しでもお役に立てばうれしいです。よろしければ参考にして下さい。

 

失敗その1)出張料金の規定を細かく決めていなかった

~リサーチ不足~

他の方のブログで読んで「いいな~、なんだか楽しそう」と憧れていた出張レッスンの講師。ですが自分の所に出張レッスンのご依頼が来るなんて夢にも思っていなかった当時の私は、出張レッスンの規定などまったく決めていませんでした。

そんなある日、突然出張レッスンのご依頼を頂きました。驚きつつも、とてもうれしかったので即答でやります!とお答えしました。

先方も喜んでくださって「●●な感じのアレンジを作りたいのです。レッスン料、そのほか出張へ来ていただく時の条件を教えて下さい」と言われました。

「ええっ!出張レッスンって向こうから●●円でやってほしいのですがどうですか?」って言われるんじゃいないんだ。どうしようかな?あまり欲張りすぎると「やっぱりいいです」って断られるかな?私なんてまだ講師になリたてで、こういう話をいただくだけでもありがたいよね。むしろ材料代だけでも良いくらいだし・・・」

と、あまりにも出張レッスンがやりたくて断られるのが怖かった為に、心の中でどんどん自己評価が低くなっていきました。

さすがに材料代だけとかは無いなという結論になったのですが・・・


⇒学びポイント

思いがけないうれしいご依頼をいただくと舞い上がってしまうものです。時間がある時に、お住まいの地域で出張レッスンをされている方をリサーチしておきましょう。相場を知っておき、ご自身なりのルールや金額を決めておけば安心ですし、急なご依頼にも慌てずに済みそうです。

・レッスン代は時給か、日給か?
・交通費を頂くか頂かないか。頂くなら車で自宅から30分以内ならいくらにするのか、サービスもありだなとか。駐車場料金はどうするかも考えておく。
・電車の場合は交通費実費、必要に応じて宅配代をいただくようにするなど・・

きちんとしたルール設定をして、先方にわかりやすく提示出来るように準備しておきましょう。


失敗その2)延長コードが無かった

~予想外の資材が必要なことがある~

とあるご自宅へ出張レッスンへ伺った時のことです。

グルーガンを持参し、いざコンセントに挿して使おうと思ったら、テーブルからコンセントが随分遠い場所にあることがわかりました。

困ったな〜と思い、延長コードをお持ちかお聞きした所「ありました!」と1本探してきて下さったのですが、長さが足りず、結局、床の上ニマットを敷いてグルーガンはそこへ置き、必要な時だけ移動して、床の上でグルーを使っていただくことになってしまいました。


⇒学びポイント

それから出張レッスンの際には、事前に延長コードをお持ちか予めお聞きするようにし、念のため更に3mの延長コードを必ず最低1本、持参するようになりました。

思いがけない道具類が出張レッスンでは必要になることがありますね。


本編ではこの後・・・

失敗その3)グルーガンが足りなくなった~想定以上に必要だった資材~

失敗その4)道に迷った~ナビはセットしたものの~

失敗その5)車が止められなかった~ゆとりをもってレッスンへ伺う~

失敗その6)花を忘れた~かわりが効く忘れもの~

失敗その7)クリアケースを忘れた~かわりが効かない忘れ物~

失敗その8)時間が足りない!~時間よりやや早く終わらせる設定が大事~

失敗その9)時間が大幅に余った~時間が万が一余った時の対処を考えておく~

といった内容で、それぞれの学びポイントをおかだ先生が教えて下さいます。

なかでも失敗6,7,8,9はとても重要で、誰もが出張レッスンの際に陥る可能性がありますので、どのように対処したら良いのかをぜひご一読下さい。

おわりに

出張レッスンでは、普段自分の教室にはこないような方との出会いがあります。その後また違うレッスンへつながったり、自分の教室へ通って下さるきっかけになったり、オーダーをいただいたりすることもあります。

なにより、自分自身がいつもとは違う場所と限られた時間でレッスンをさせて頂くことで、手順や教え方などをブラッシュアップする良い機会になりますので、ご紹介している失敗談を参考にして、もしご依頼があればぜひチャレンジしてみて下さいね!

体験レッスン

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。