BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

【会員専用無料メルマガ】待てど暮らせど生徒さんがこない!私に何が足りないの??

2017.04.14
投稿者:okada

FEJ会員の皆様へ毎月お届けしている無料メルマガ「フラワートピックス」。旬の情報から講師として必要な知識まで、花にまつわる様々なトピックスをお届けし、花活動のヒントにしていただいています。

2017年は渋谷のFEJ本部で「教室運営の為のコンサルティングサービス」を実施しています。

お一人お一人のブログやHPを事前診断し、現在お持ちのお悩みとともにコンサルティングをさせていただいていて、定員を上回るお申込みをいただく回も多いのですが、その中の多くの方が口にするのが「生徒さんの集客に関するお悩み」と「教室を開校したものの、何をどうしたら良いのかわからない」と言ったものです。

そこで今月は、教室歴17年、宮城県オフィシャルスクール「麻布ROSEROOM」寺町先生に、前編で教室を開校した後にしなければいけないこと、後編で人生初の生徒さんがやってくる時にしなければいけないことについて、会員の皆様へ教えていただいています。

麻布ローズルーム
http://ameblo.jp/azabu-roseroom/
http://www.azabu-roseroom.com/

 

 

今回、寺町先生がご紹介して下さったエピソードは全部で5つです。

・その1)生徒さんに来ていただけるデザインを考えよう!
・その2)値段はどうする?レッスン料の設定の仕方

・その3)生徒さんが来やすいシーズンを逃すな!
・その4)待っているだけでは誰も来ない、宣伝していますか?
・その5)申し込みたいのに申し込めない!ホームページのラビリンス
 
 ・ ・ ・ これらについて、を本編では教えて下さっています。こちらではダイジェスト版になりますが、一部をご紹介いたします。それではどうぞ、ご覧下さい!

(ここからメルマガの内容を一部抜粋します)

こんにちは。宮城県でオフィシャルスクールを主宰している麻布ROSEROOMの寺町と申します。


私がフラワースクールを始めたのは今から17年ほど前のことです。当時は東京の麻布に住んでいて、その自宅マンションでお教室を始めました。その頃はインターネットで集客することなど考えてもおらず、検索さえ一般的ではありませんでしたし、スマートフォンなんて夢にも見ない世界でした(笑)

これまで沢山の時間と沢山のお金を使いましたが、昔の失敗や無駄が私を支えてくれているのだと思います。さて、そこでですが、今月は17年前の私のように、これからスクールを始めてみよう!と思っていらっしゃる皆さんへ、ちょっとだけフラワースクールの先輩としてアドバイスさせていただこうと思います。初心者の先生がたの参考になりましたら幸いです。

その1)生徒さんに来ていただけるデザインを考えよう!

~出来ていますか?ステキなアレンジデザイン~

生徒さんに来ていただこうと思ったら、最初にやらなければいけないのは、アレンジのデザインを考えること。まず、最初に考えなければいけないのは体験レッスンのメニューです。

初めてプリザーブドフラワーに触れる方がその魅力を知り、楽しくレッスンすることが最大の目的ですので、魅力あるデザインでありながら難しすぎず、30分や1時間で作ることができるものが良いでしょう。

生徒様の中には〝お花を習うのは初めてなんです〟とか〝不器用な私にできるかしら・・・〟など自身のない方もいらっしゃいます。そんな方に〝私にもこんな素敵な作品が作れたわ〜♪〟と喜んでいただきたいからです。その感動はその方が資格を取られた後に、ご自分の生徒様に伝えたい感動になって行きます。

また、キャッチーなデザインや言葉もあると良いですね。リボン使いを得意とする先生はリボンたっぷりのアレンジにするとリボン好きの生徒様がいらっしゃると思いますし、ナチュラルアレンジがお好きな先生にはナチュラル好きな方がいらっしゃるでしょう。

因みに私の体験レッスンは、プリザーブドフラワーとドライフラワーの自然素材だけを使い、フレッシュフラワーと見間違うようなナチュラルアレンジで、プリザーブドフラワーの魅力に触れていただいています。

また、シーズンレッスンも人気のレッスン。是非、こちらも考えてみましょう。

シーズンレッスンは春夏秋冬の四季を感じるレッスンと母の日やハロウインなどイベントに合わせたレッスンがあります。いずれにしてもシーズン到来の1〜2ヶ月前からPRしていかなくてはあっという間に過ぎてしまいます。

ハロウィン、クリスマスなどイベントに合わせたアレンジはカボチャやキャンドルなど副素材を入れてキャッチーなデザインを考えやすいですよね。

年間でいうと、

・お正月
・バレンタインデー
・ひな祭り
・ホワイトデー
・イースター
・母の日
・父の日
・ハロウィン
・クリスマスなど、大まかにこのようなイベントです。

四季のレッスンを考える場合、プリザーブドフラワーは花材の種類が少ないので季節感を演出することが少し難しいですね。そんな時はアーティフィシャルフラワーを組み合わせるのもいいでしょう。

そして、カラーで表現することも大切です。

春は・・
・ペールトーン・ライトトーン

夏は・・
・ビビットトーン・ブライトトーン

秋は・・
・ディープトーン・ダークトーン・ダルトーン

冬は・・
・グレイッシュトーン・ダークグレイッシュトーン・モノトーンなどでしょうか。

その2)値段はどうする?レッスン料の設定の仕方

~レッスンによって価格はかわる~

その1と連動したことなのですが、レッスン料の設定も重要です。

例えば体験レッスンとシーズンレッスンでは価格の設定の仕方が全く異なります。普段のレッスンですと・・・
(この後はぜひ本文をご覧下さい。さらに本文では、体験レッスンの価格設定は?シーズンレッスンの価格設定は?皆さんが疑問に思われるこの部分も、しっかり寺町先生が教えて下さっていますよ!)

その他・・

その3)生徒さんが来やすいシーズンを逃すな!
その4)待っているだけでは誰も来ない、宣伝していますか?
その5)申し込みたいのに申し込めない!ホームページのラビリンス

について、寺町先生がとても詳しく教えて下さっています。

宣伝の仕方は、「5つの方法」を丁寧に教えて下さっているので、これから教室を始めるという方は、ぜひ参考にして下さいね。え?こんな方法でも効果があるんだ・・というものも含まれていますよ^

おわりに

どんな資格でも取っただけではお仕事になりません。ステップアップを計りながらより多くの方に教室の存在を知っていただくことが重要です。そしてたった一度来ていただいただけでは、新しい生徒さんを永遠に集客し続けなければなりません。

大切なことは、教室とアレンジ、そして先生自身を気に入っていただき、また来たくなる教室にしていくことです。その為には生徒様を飽きさせないように、いつでもトレンドを取り入れたフレッシュなアレンジをご提案してゆくこと。そしてなにより、楽しんで帰っていただくこと。これにつきると思います^^

ぜひご参考にしていただければと思います!

体験レッスン

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。