BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

服飾花コースとコサージュコースからnewバージョンの生地たちをご紹介

2017.09.13
投稿者:okada

モノ作りブームの影響からか、最近、FEJ服飾花&アーティフィシャルコースや、コサージュコースなど、手作りのコサージュ作りを学べるコースへの関心を持って下さる方が増えていて、うれしい限りです。

minneやCreemaで手作りのコサージュを販売してみたいけど、ありきたるなフラワーコサージュだと、もうデザインが出尽くしている感がありますね。そんな時、布から裁って花びら1枚1枚を作り上げたり、自分だけのオリジナルカラーに染め上げた布で作るフラワーコサージュは、アイデアのヒントを与えてくれるかもしれません^^

FEJ本部では、そんな手作りLoverの皆様の為に、キットでお作りいただける「アーティフィシャルフラワー服飾花資格取得コース」「コサージュコース」2つのコースでコサージュ作りをご用意しています。

開講以来、コンスタントに皆様にご受講いただいている両コース。使用する生地はどれも選びに選んだ愛着のあるものばかりです。

とはいえこれはもう宿命なのですが、時々、そんな愛すべき生地達が杯盤になってしまうことが・・。

残念ですが、その度ごとにまた、皆様に喜んでいただける生地を探してお届けしています。今回も、2つのカリキュラムで生地が変更になりましたので、ご紹介したいと思います。

ころんとかわいいダリアチャーム

たくさんの布をちくちくと縫い止めて作る「ダリアチャーム」。「アーティフィシャルフラワー服飾花資格取得コース」のカリキュラムになります。

このダリアチャームは、バッグチャームにもなりますし、ヘアゴムにしたり、タッセルにしたりと幅広く応用が可能です。

この「ダリアチャームホワイト」の生地が下記の画像のものへと変更になりました。

上のダリアチャームと見比べていただくとわかるのですが、この生地、張りと厚みがあるので、簡単にボリュームが出ます!

生地に刺繍がたっぷりしてあるので、へたりにくく、扱いもラクチンです。

その為、糊も少な目でOKですが、分量通りに糊入れしていただけば、更にきっかりとした仕上りになりますのでご安心下さい^^

新しいダリアチャームのホワイトバージョン、どうぞよろしくお願いします。

冬の装いにぴったり!アンラベルコサージュ

シャネルツイードを思わせるクラシカルなツィードで作る「アンラベルコサージュ」。「コサージュコース」のカリキュラムのひとつです。

冬の装いにふさわしい上品なコサージュで、卒入園などのフォーマルなお席にもぴったりです。

このアンラベルコサージュ、黒無地のツイードと、チェックツイードの2種類の生地を使っています(上の写真だと黒無地がわかりにくのですが・・)。

その中のチェックツイード生地がこちらに変更になりました。

全体的に白地が多めのチェック柄になって、黒生地とのコントラストがより際立ちました!

こちらの生地を使うと、よりモダンな雰囲気のコサージュになります。モノトーンが多い冬の服装にも合わせやすいのではないでしょうか。

●どちらがお好きですか?上下のコサージュ

ちなみに、上のコサージュと下のコサージュ、同じ花びらの大きさでお作りしていますが、形がちょっぴり違いませんか?

実はこれは「糊入れ」の量とコテの当て方の違いです。

上のコサージュは、よりしっかりと糊が入っていて、コテもしっかりあててあるので、厚みがありころん!とした印象です。

一方下のコサージュは、糊もコテも上に比べると少し甘めにしてありますので、フォルムも若干緩めです。パンジーのお花みたいで可憐ですね^^

こんな風に、お好みでノ糊入れやコテ当ての加減が出来るのも手作りコサージュの醍醐味です。

皆さまはどちらがお好みでしょうか^^

本日は、2つのカリキュラムの生地が変更になったご報告でした。コースご検討中の方、または両コースを開講されている先生方、ご参考になさっていただければと思います。

****

コースの詳細をご覧になりたい方は、よろしければこちらからどうぞ

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

体験レッスン

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。