BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

台風シーズン到来・湿気にご注意!ローズの花びらが透けてきたときの対処方法

2017.09.02
投稿者:fujie

プリザーブドフラワーはとても湿気に弱いお花。湿度が以上に高い季節は飾っておくときにも注意が必要です。

時期で言うと梅雨はもちろんなのですが、意外な盲点が湿度の上がる夏から、台風がやってくる秋にかけてのシーズンです。まさに今!

さらに乾燥している冬場でも、お部屋の環境(お風呂場が近いなど)によっては、意外と湿度が高い場所があるので、プリザーブドフラワーのアレンジメントを飾る際には要注意!

とは言え、気軽にあちこちに飾って楽しみたいプリザーブドフラワーのアレンジメント。もしも花びらが透けて透明になってしまったらどのように対処したら良いのでしょうか?

花びらが透けてしまったら

花びらのスケは、放置するとダメージの原因になりますので、できれば早めに対処しましょう。

使うのはこちら。

 ドライペットスキット 除湿剤

大きめの除湿剤です。この除湿剤を、アレンジメントと一緒に、密閉できるケースに入れておくだけです。

 

フタをしっかり閉め、このままの状態で数日から1週間程置いておくと、花びらの透け消えて元に戻ってきます。

※長期間入れておくと乾燥しすぎて、花切れしますので注意してください。

多少透けてしまっても、湿度が低い日が続くと自然ともとに戻ることがありますが、湿度が高い状態の時に、ホコリをかぶったり、油分を帯びたりするとシミの原因になります。

また、透けを何度も繰り返すと色抜けの原因になります。早めに対処して、より良い状態で長くきれいなお花を楽しみたいですね^^

 
 
 
 
 
体験レッスン

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。