BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

【会員専用無料メルマガ♪】フリーで活躍したい人必見!強みや人柄を活かして集客する方法は??

2017.10.10
投稿者:okada

FEJ会員の皆様へお届けしている無料メルマガ「プロフェッショナルの部屋」。旬の情報から講師として必要な知識まで、花にまつわる様々なトピックスをお届けし、花活動のヒントにしていただいています。

秋も徐々に深まって来ましたが、皆様のブログやホームページを拝見するとステキなクリスマスレッスンの告知をちらほらと見かけるようになってきました。

ハロウィンもまだ終わっていませんが、お花の世界は常にシーズン先取りなので、早めの準備や告知、必須ですよね^^

たくさんの方達にブログやホームページを見ていただくこのシーズンに、ぜひ皆様に知っておいていただきたい内容を本日のメルマガでお届けいたします。

今月号のプロフェッショナルの部屋では、仕事をする上で欠かせない『収益&集客』のお話を、ゼクシーライターの滝さんに教えていただきます。

滝さんに教えていただくトピックスはこちらです♪

~本日のTOPIC~
[1] サービスとしてきちんと収益を出すには?
[2] 集客には必須!ホームページ持っていますか?

こちらではダイジェスト版になりますが、一部だけよろしければどうぞご覧下さい!

(ここからメルマガの内容を一部抜粋します)

こんにちは、ライターの滝です☆

さて、今回のメルマガのテーマは、お仕事をする上で欠かせない、【収益&集客】のお話です。
個人で仕事をしていくには、会社員やパートで働くのとは全く違う視点が必要ですから、ぜひ今後のお仕事を円滑に進めるためにも、参考にしてみてくださいね!

[1]サービスとしてきちんと収益を出すには?

お花のお仕事に関わらず、どんな仕事でもそうですが、沢山の同業他社の中からたったひとつの「自分」「自分のサービス」を選んでいただき、さらに収益を出すことができなければお仕事として成り立ちません。

私も個人で色々とお仕事をさせていただいているので、無数にいる同業他社の中から選ばれ、きちんとお金をいただかないと成り立たないので、そこは常に意識していることです。もちろん皆さんも意識しているとは思いますが、一度初心に帰って考えてみませんか?

1.プロ意識

「私は趣味でやっている」「お金は一切いただかない」「赤字でも構わない」という場合は別ですが、少々でもお金をいただく限り、お客様にとってはプロですから、まずはプロとして活動しているという意識を持つことが大事かなと思います。

例えば、お友達から依頼されたパターン。

「友達だからタダで」「仲良しだから安くして」という声に応えていると、口コミで広がった場合など、ほとんどの人が割引価格になってしまい利益が出ないなんてことも。

「アノ人にはお世話になったから……」と友達価格で受けてしまいたい気持ちも分かりますが、広い視点で考えれば「あの人はお友達価格でやってくれたのに……」と、誰かにとって不公平感が出てしまいます。

そう考えるとやはり長い目で見ると、「お友達価格」は作らないのがおすすめ。

「割引は応じてないんです」と対応し、その分友達だからといってなぁなぁな仕事はせず、きっちりプロとしてのサービスを提供すること。それこそがプロ意識なのではないか思います。

***

会員さんからも良く聞く上のようなお悩み。

女性の場合、やさしさゆえにお金をきっちり頂くのが不得手な方が多いように感じます。

しかし花を仕事として長く継続していこうと考えたら、きちんと利益が出ない構造は一度見直す必要がありそうですね。滝さんご自身がフリーランスとしてお仕事をされているからこその実感のこもったお話です。

2.金額設定

サービスを始めたばかりでありがちなのが、金額の設定が安すぎるという失敗。

私はまだ初心者だし……自信がないし……自宅のサロンでやっているから……とあまりに安い価格では、そもそも事業として成り立ちません。

これは、サロン経営者&フリーランスあるあるなのですが・・・・(この続きは本編でご覧下さいませ)

この後、滝さんが教えて下さる「サロン経営者&フリーランスあるある」は、読むとドキっとされる方が多いと思います。自分では良かれと思ってやっていたことが、反対に悪い結果を招いているとしたら、それはとても怖いことですよね^^;

(中略)これは正式なデータがあるわけではなく、個人的データに基づいているのですが、個人事業主の方数百名くらいの方とお話してきて、みんな口を揃えて言うので、多分間違いないなと思っています。

ただ高くすれば良いということではないですが、適正価格にすることで、きちんとこだわりや想いを持ちコンセプトに共感してくれるお客様が来てくれるのではと思いますので、「自分のサービスの価格設定が間違っていないか?」一度見直してみましょう。

この後の項目では

・ホームページの重要性

・ホームページに必ず入れるべき6つのこと
・編集者がお花の先生達に仕事を依頼する際に、必ず見ているあるもの

などが書かれていますが、中でも自分の強みや人柄をアピールして集客する重要性は必見です!本編でじっくりご確認下さいね^^

 

せっかく素敵なブーケや、フラワーアイテムをつくることができたり、教えられる能力があるのですから、それをどう生かすか?どう広めていくか?を考えることが大事になってきます。自分ならではの強みや人柄をどんどんアピールして広めていきましょう! 

体験レッスン

カレンダー

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。