BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

お正月アレンジにも仏花にも使える!折れやすい小菊のワイヤリング方法お教えします

2017.12.27
投稿者:okada

和風のお花といえば、菊が真っ先に浮かびます。

お正月飾りにも、敬老の日のアレンジにも、桃の節句アレンジにも、仏花にも使えるので、実は意外と活躍するお花です。

そこで今日は、いくつかある方法の中から、シンプルに出来る小菊のワイヤリング方法「フックメソッド」を紹介します。

フックメソッド

ご覧の通り、プリザーブドフラワーの小菊は茎がとても細くて柔らかいものが多いです。簡単に折れてしまうものも・・・

茎がすごく細い場合は、ツイスティングしたり、クロスでワイヤリングするよりも、 お花にフックをかけて茎にも通してしまうフックメソッドしっかりとワイヤリング出来ます。

1)ワイヤーをフック状にする

小菊のフックメソドのフックは、インソーションのように先端を丸めないで、カギ状に少し広げておきます。

20番位の太めのワイヤーがオススメです。ペンチがあれば簡単にフックが作れます。

2)花芯に挿しこむ

花芯に上から挿しこみ、カギ状のフックが見えなくなるところまで引っ張ります。

しっかり引いて良いのですが、力任せに引っ張ると菊が壊れるのでご注意ください!

3)グルーで固定

ワイヤーが動かないようにグルーで止めます。

もしうまく茎の中を貫通すればもちろんOKですし、画像のように貫通しなくても大丈夫です。額の下のワイヤーが出てきた部分にグルーをしっかり充填して、ワイヤーを固定して下さい。

4)テープを巻いて完成です

グリーンのフローラルテープを巻き、完成です。

菊の茎は意外にもろいので、こんな風に補強していただくと安心です。

必ずしもフックメソッドをしなくてはいけないわけではないのですが、とにかく小菊は茎が細くもろいものが多いので、小菊のワイヤリングに困ったらフックメソッドにチャレンジしてみて下さいね^^

体験レッスン

カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。