BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

【会員専用無料メルマガ♪】自宅で教室を開きたい方へ!生徒さんに快適に過ごしていただく為のチェックポイントはコレ。

2017.12.26
投稿者:okada

FEJライセンススクール会員の皆様へお届けしている無料メルマガ「プロフェッショナルの部屋」。旬の情報から講師として必要な知識まで、プロの花講師として活躍する為のヒントを毎月お届けしています。

こんにちは。フラワーエデュケーションンジャパン岡田です。

最近、自宅サロンがブームになっていますよね。

働きたい時だけ通勤なしに働ける自宅サロンレッスンは、小さなお子さんがいたり、家からあまり出られない事情があるママ達にとってメリットが多い働き方のひとつです。

一昔前に比べると、ネイルやマッサージを自宅サロンで行う方が増えたこともあって、生徒さん達も、あまり気にせずにいらして下さるようになりましたので、ますます自宅サロンが増えてきているのも納得なのですが・・

ただ、気軽に始められる分、なぁなぁになりがちな自宅サロンでのレッスンは、友達を家に招く時にも増して、注意が必要かもしれません。(実際、えっ!と驚くサロンに出くわしたことがあります・・)

とは言え、なにもかも完璧である必要はなく、この点だけ気をつけておけば大丈夫、というポイントがあります。今月号のプロフェッショナルの部屋の本編では。このポイントについて、マコ講師がお教えいたします。

本日のTOPICS
マコ的レッスンのおもてなし~お部屋編~

【1】 玄関周りで気をつけたいポイント
【2】 水回りはその人の人間性が出やすいポイント
【3】 ペットを飼っていらっしゃる先生は要注意!
【4】 無音は緊張感が増す
【5】 生活感を徹底的に消す努力
【まとめ】

こちらではダイジェスト版になり詳細は省略させていただいていますが、よろしければどうぞご覧下さい!

(ここからメルマガの内容を一部抜粋します)

皆さまこんにちは。マコの部屋へようこそ♪

前回のマコの部屋では「マコ的レッスンのおもてなし~人編~」として、講師自身が気をつけなくてはならないおもてなしについてお話をさせていただきました。

講師自身が魅力的な存在となり、生徒様から信頼を得ることができるようになったら、残すはレッスンをする場所=「アトリエの雰囲気作り」がとても重要になってきます。

そこで今回のマコの部屋では「マコ的レッスンのおもてなし~お部屋編~」と題して、アトリエ全体のおもてなし度を上げるポイントをご紹介したいと思います♪

ご自宅をアトリエとして開放していらっしゃる先生も多いと思いますので、生活感の出やすい場所やお部屋の片づけ方法などについて、是非ご参考になさってみて下さい^^

【1】 玄関周りで気をつけたいポイント

生徒様を一番初めにお迎える場所=玄関は、レッスンにいらっしゃった生徒様の印象に残りやすいスペースと言えます。
(中略)
生活感の出ているアトリエの玄関というのは、他人の自宅にお邪魔している気持ちでいっぱいになる、ダメポイントです。

生徒様が他人の家にお邪魔している気遣いをしなくて済むよう、余計なものは全て収納してスッキリとした場所に仕上げておきましょう♪

【2】 水回りはその人の人間性が出やすいポイント

お手洗いやキッチンなど、水回りが汚れていると「だらしのない人」という印象を持たれてしまいます。

毎日のお掃除で清潔な水回りを目指していきましょう♪

【3】 ペットを飼っていらっしゃる先生は要注意!

「大丈夫です」は実は大丈夫じゃないことも。ペットも十分に注意が必用です。(中略)


その他、2つのポイントはこちらです。

【4】 無音は緊張感が増す

【5】 生活感を徹底的に消す努力

詳細は本編でご確認くださいね。

まとめ

最初の部分で少し触れましたが、とんでもないサロンに遭遇したことがあります。

ネイルの自宅サロンだったのですが、施術スペースの隣の部屋のソファの上に、男性ものの仕事用のカバンがポン、と置かれたままになっていて、さらにその横の床の上に、まさに「脱いだままの形」で、ジーンズが脱ぎ捨ててあったのです!2度見どころか、10回位、思わず確認してしまいました。生活感が出ているにもほどがありますよね。もちろん、2度とこのサロンに行くことはありませんでした・・・。

この例はかなり極端だと思いますが実話でもあります。女性同士の場合、細かい場所に目が行きがちなので、普段から十分に気を付けて生徒様をお迎えしたいものですね^^ 岡田

体験レッスン

カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。