BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

茎が固いプリザーブドローズにインソーションする方法2つ

2018.01.04
投稿者:fujie

プリザーブドフラワーのブーケ制作には欠かせない、ワイヤリングのメソッドと言えば「インソーション」です。

プリザーブドローズをクロスメソッドする前に、中心に1本ワイヤーを通しておくことで、ローズの首が落ちるのを防ぐ方法です。

ただ、ローズが乾燥する冬や、または個体差によってローズの茎が固くて ワイヤーが通らず、初めてのインソーションをする生徒さんの場合、とても時間が掛かってしまうことも・・・

そんな時、力の無い女性でも比較的簡単にインソーションできる方法を2つ、ご紹介しますね。

その1)ペンチを使う

まずはペンチを使う方法です。

フックを作ったら、右手でワイヤーを挟んだペンチを持ち、左手はローズの茎を押さえます。

ゆっくりとねじ込むようにワイヤーを入れると、インソーションのワイヤーを貫通させることができました!

大体のローズはこの方法でインソーション出来ます。

その2)それでも通らない時

その1)の方法でも茎にワイヤーが通らないがんこなローズがまれにあります。そんな時の方法です。

その1)の方法で、ローズの花芯の底のあたりに、グラグラしない程度にまでがんばってワイヤーを通します。後は、ワイヤーを通したペンチを持って、机にトントン、と茎の部分を軽く打ち付けるようにします。

茎の底までワイヤーが出てきたら、あとはワイヤーをペンチで押し込んで、茎の方からワイヤーを引っ張るだけです。

FEJプリザーブドフラワー資格取得コースでは必須のインソーション。

上手に出来ない方は、ぜひこの方法をお試し下さいね。

体験レッスン

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。