BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

ブーケのステム処理【両面テープが取れない!付かないとお悩みの方へオススメの2つの方法】

2018.05.24
投稿者:okada

もうすぐ6月。いよいよブライダルシーズンへと向かいますね。

シーズンに向けてお教室にも花嫁様がいらっしゃることもありますが、初心者様対象のレッスンの場合、ちょっとした一工夫が必要な場合があります。

例えばブーケのステム処理。

ステムのワイヤーの長さを切りそろえた後にフローラルテープを巻き、その上から両面テープを貼ってリボンワークをしていくのですが、フローラルテープと両面テープの相性が悪く、両面テープがフローラルテープに付かない為、 剥離紙を剥がすのに苦労される方がとても多いのです!

特に若い女性はネイルをされている方が多いので、さらに取れない!と苦労される方が多いように感じます。

そこで今日は、このイライラを解消する方法を2つ、ご紹介します。

イライラ解消法その1:グルーガンを使う方法

まず最初にご紹介するのは、グルーガンを使う方法です。

1)ステムに両面テープを巻きはじめる時に、グルーガンでテープの端を貼り付けます。

2)グルーが乾くまで少し待ち、しっかり固定されたら、あとはいつも通りに両面テープをらせん状に巻いていきます。

3) 両面テープの巻き終わりも、グルーガンでステムに貼り付けます。

4) グルーが固まったら、あとは両面テープの剥離紙をはがすだけ。するっと簡単に剥がせますので、イライラせずに済みます♪

イライラ解消法その2:太幅テープを使う方法

次にご紹介するのは、太い幅の両面テープを使う方法です。

1)ブーケのステムに、太い幅の両面テープを、ステムを縦に包み込むように張りつけます。

2)あわせた両面テープをステムに沿ってしっかりと貼ります。

3)剥離紙を剥がしてみましょう。両面テープの中表がしっかりとついているので、難なく剥がせます。

全て剥離紙を取ったところです。

4)余った両面テープはステムに巻きつけ、普段通りにリボンを巻き上げて下さい。

底までしっかり両面テープがついているので、底の巻き上げの時にも作業が楽チン♪です。

 

5)かなり太い幅のテープで、細いステムなら、片面だけ貼って、左右に折りたたむようにしても同様に出来ます。

二つの方法それぞれにメリットとデメリットがあります。

●グルーを使う方法のデメリットは、グルーを使用するという点。メリットは、しっかりとテープをつけることが出来るでの安心感がある点です。
●太幅テープを使う方法のデメリットは、太幅テープがややお高いこと。メリットはテープ以外の道具が不要で簡単なことです。

シーンや対象の方に合わせ臨機応変にご活用下さい。

初心者さんに手早く仕上げていただくには、ちょっとした工夫が所々に必要です。このテープもそんなひとつ。「楽しかったです」「想い出に残るブーケが出来ました」そんなお言葉を生徒様達からお聞きする為に、ぜひお試しくださいね。

 
 
 
 
 
体験レッスン

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。