BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

立体的に見せる!「アーティフィシャルリーフ」造花の葉のワイヤリングテクニック

2018.09.21
投稿者:fujie

 

今日は、スタジオの回線工事の為、お電話もメールも繋がらなくなる時間帯があります。ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご容赦くださいませ!

さて、本日はアート(造花)のリーフワイヤリングテクニックをちょこっとだけご紹介いたします☆

以前、アーティフィシャルフラワーをきれいに見せる方法をご紹介しましたが、今日はプリザーブドフラワーとも良く一緒に使用する、『アーティフィシャルリーフ』を立体的に見せる、ちょこっとテクニックをご紹介いたします。

リーフ類を立体的にしていきいき見せる方法

リーフ類を立体的にして、動きを出す方法をご紹介いたします。

まず、リーフの裏側についているプラスチック葉脈を、ハサミなどの先端を挿し込むようにして少しだけ剥がします(浮かせます)。ハサミを入れる場所は、リーフの中央より少し下くらいです。

そこに、ワイヤーを通し、ツィスティングします。

中央にワイヤーが入ったので、葉の角度を自由に曲げることができます。

葉の曲げ伸ばしが自由になるので、器の縁に沿って曲げて垂らしてみたり、ローズに沿わせてみたりと、アレンジがよりナチュラルになります^^

全ての葉にこの方法をする必要は無く、「ここだけはリーフを効かせていきたい!」という場所だけでもOKです。

ちょっとしたひと手間ですが、立体的にリーフが使えると、スキマを隠したい時などにも便利なので、ぜひお試し下さいね^^

 
 
 
 

 

体験レッスン

カレンダー

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。