BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

【会員専用無料メルマガ♪】2018年を振り返って・・&ウェディングフラワー関連で2019年はさらにこんな提案を

2019.01.29
投稿者:ayumi

FEJライセンススクール会員の皆様へお届けしている無料メルマガ「プロフェッショナルの部屋」。旬の情報から講師として必要な知識まで、花や手工芸に関する情報をお届けし、花活動のヒントにしていただいています。

こんにちは。フラワーエデュケーション本部です。

新年が明けて1月も終わりに近づいてまいりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

お正月ムードが終わり、ようやく日々の生活に落ち着きが出てきたという方も多いかもしれませんね。

まだまだ寒い日が続いておりますので、体調に十分お気を付けくださいませ。

本日のメルマガは、「2018年を振り返って……&ウェディングフラワー関連で2019年はさらにこんな提案を」

本日のプロフェッショナルの部屋はゼクシィライターの滝さんによる【2018年を振り返って……&ウェディングフラワー関連で2019年はさらにこんな提案を】をお届けします。

今回のTOPIC

Topic.1 前撮りへのこだわりがアップ!

Topic.2 フラワーアイテム増加 & 手作り派花嫁が増加中

Topic.3 ブライズメイドが日本流にカスタマイズされて定着

2018年の振り返りとウェディングフラワー関連の2019年での提案にまつわるお話です。

2019年を迎え、どういった提案をすればウェディングで喜んでもらえるのでしょうか?

それでは滝さん、よろしくお願いいたします。

こちらはダイジェスト版で全てはご覧いただけないのですが、一部をご覧下さい。

こんにちは、ライターの滝です。

先日は2泊3日で旅行に行ってきました。

旅行自体は普通の温泉旅だったのですが、いつもと一つ違ったのは、デジタルデトックスをしたこと。

(※デジタルデトックス:一定期間スマホやパソコンなどのデジタル機器との距離を置くこと)

スマホやPCを持っていかないだけで、時間の流れが本当~にゆったりで、こんなにも心身がスッキリするのかーとびっくり! 

いかに普段スマホに時間を取られているかが分かりますね……。

日常で気が付かないような小さなことにも気が付けたりと、五感が研ぎ澄まされる(ような気がするだけかもしれませんが)デジタルデトックス。

おすすめですのでぜひ一度試してみてください。

さて今回のメルマガでは、2018年の流れを振り返りながら、2019年のウェディングフラワー関連で「今後さらにこんな提案があるといいのでは?」と思ったトピックをいくつかピックアップ。

ぜひ今後のお仕事の参考にしてみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回のTOPIC 

2018年を振り返って……&ウェディングフラワー関連で2019年はさらにこんな提案を

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Topic.1 前撮りへのこだわりがアップ!

View this post on Instagram

2017.05.21 薔薇の季節 つい最近薔薇を撮った気がしてたけどもう1年経ってる。こんな事の繰り返しなんだろうな。 おいてかれるみたいな感覚はないけれど、自分の生きている時間の中で何か爪痕残さなきゃみたいな感覚はある。強めにある。 ○ 新しいチャレンジがしたい… 去年からずっとそう思ってきた。 ○ 構想1年くらい、やりたいと思ってた事が7月頃発表できそうです。 北海道撮影プランに続く新しいumoreを楽しみにしててくださいね。 #ワクワク #umorewedding #thephotographumore #susumukamigaito #whitebyverawang #ピンクグラデーションドレス #ピンクグラデーション #薔薇 #バラ園

A post shared by susumu (@susumukamigaito) on

最近当日の写真よりも、前撮り・後撮りに力を入れる花嫁さんがかなり多いので、撮影の際に使用するアイテムにも力を入れる方が急増しています。

こだわる理由1:式当日のフォトグラファーさんは自由に選べない

ウエディング業界独特の慣習で、結婚式当日の撮影を、自分が選んだフォトグラファーさんや知り合いにお願いしようとすると、持ち込み料(大体5万~8万くらいと言われています)が掛かってしまうため、式場提携のフォトグラファーさんになってしまうんですね。

そうすると自分たちの好きな撮り方や雰囲気で撮れないため、前撮りなら自分たちの好きなようにこだわろうと思う方が増えています

こだわる理由2:式当日は思ったように撮れない

結婚式当日って、挙式や披露宴などプログラムが満載で、流れに沿って撮影していく形になり、本人的に「あーもうちょっとこうして撮って欲しいんだけどな」という希望があっても、なかなか叶わないことが多いんです。

その点、前撮りなら好きなロケーションやシチュエーションで撮れますし、気に入らなければ撮り直しもOK

小物を持ち込むのも自由ですから、ここはフローリストさんの本領発揮で色々とご提案してあげてみてください。・・・

 

(この続きは、本編にてどうぞご覧くださいませ。今後のウェディングフラワーを提案する際の参考になるかと思います♪)

体験レッスン

カレンダー

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。