プリザーブドフラワー ブーケプロフェッショナルコース

花を学ぶ者にとってブライダルは特別なもの。

一生に一度の大切な記念日に、花嫁様を飾るウェディングブーケは完璧な美しさでなくてはいけません。作り手にとっては失敗が許されない非常に気を遣うものとなります。

しかし、花をたずさえた花嫁様はとても美しく、緊張とプレッシャーを忘れてしまうほど、結婚式の幸福な時間がさらに作り手の私達を魅了します。気持ちを込めてお作りしたブーケを心から喜んでくれる様子はとても幸せな時間です。

プリザーブドフラワーで作るブーケは、現在のウェディングシーンでは欠かせないものとなりました。本コースでは、様々なデザインのブーケ技術を学び、今後のご自身のブーケ受注やブーケレッスンに活用できるようレッスンいたします。ブーケは裏側の処理も重要です。失敗の許されない大事な日を飾るブーケだからこそ、色々な技術を知り、本当に喜ばれるブーケ作りを目指して参りましょう。

コース修了後

  • ・ブーケ製作活動をしたい人はFEJデザイナー登録制度へ(代理店契約)
  • ・スクールを開講してブーケ作りを教えたい人はライセンススクール開講へ

デザイナー登録制度(代理店契約)
コースを修了後、販売代理店契約を結んでいただいた方は、FEJブーケカタログを使用したカタログデザイナーとして販売活動をすることができます。カタログをご自身のお仕事のツールとしてお使い頂けます。通常カタログを自身で用意するのは手間とお金がかかります。ぜひFEJのブーケカタログを利用して、ご自身の活動にお役立てください。代理店契約を結んでいただいた方はご自身のネットショップなどですぐに商品を販売することができます

※既にプリザーブドフラワー販売コース代理店契約者は、追加料金10,000円でご契約いただけます

スクール開講(コース紹介)

ライセンススクール会員は代理店契約をされていなくても、ご自身の教室でレッスンすることが可能です。レッスンではブーケ製作の上で必須の技術をしっかりレクチャーいたします。デザインは、基本のオーバルブーケの他、メリアブーケ、花冠、アームブーケ、バッグブーケ、パルタージュなどご自身で活動していく際に知っておくと良いブーケをカリキュラムに入れています。ウェディングの形が多様化している今の現場でも対応でき、花嫁様の色々なご要望に応えられるような内容となっています。

スクール開講について

本部から購入するのは1名分のテキストのみ。ご希望者は余計な在庫を持つことなくレッスンが開始できる材料コースキットもご用意しております。初めてで花の手配が大変・・とお考えの人にお勧めです。

スクール開講までの流れ

各種費用(税抜)

受講料・試験料 受講料180,000円 全9作品 すべて花材費込
試験料10,000円(ディプロマ証発行料込)
講師開講講座 30,000円(ライセンス開講時にお支払頂きます)
年会費 ライセンス会員15,000円/1年間
コース終了までにかかる料金

合計 220,000円

  • *ライセンス会員費15,000円/1年間は含まれていません
  • *ライセンス会員手工芸部門の人は追加ライセンス部門6000円/1年間が別途必要です
  • *⑤のスクール運営講座は含まれていません

スクール開講までの流れ

*すでにライセンス会員の人は3と4の契約書は不要です

1

全国のお好きな教室でご受講ください

2

試験をお受けください

試験は年3回 2月・6月・10月 に全国各地で行われます。
写真添削の試験となりますので、全国どこにいてもご自宅での試験が可能です。
(毎回、指定課題に合わせて作品画像を試験官へ送信します)

3

試験合格後スクール開講のお手続きを行ってください

  • *ご登録メールアドレスに毎週1回花情報や運営相談「マコの部屋」が配信されます
  • *月に1回 花・手工芸レシピが配信されます
  • *専門卸問屋のビジネス契約をお手続きさせていただきます。
4

ライセンススクール契約書取り交わし

スクールリンクご申請後、審査が完了しましたらスクール開講スタートとなります。

5

その他

講師のレッスン・電話マナーや心構え、PR方法が記載されている「スクール運営講座30,000円」の購入が必要です。別のコースで過去に一度ご購入いただいた人は必要ありません。(初めてライセンススクールを開講される人は必須となります)

下記宛にお電話またはメールにてお問合せください。

コース案内・教室のご相談

03-6407-0425(代表)

火〜土 10:00〜19:00

住所変更等の各種お手続き

03-3551-9905(事務局)

月〜金 9:00〜17:00

電子書籍プレゼント
体験レッスン

BLOG 最新記事

岡村藤江
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。