BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

花の技術がなくても素敵に飾れる!チューリップ4つのコツ

2016.04.05
投稿者:fujie

4月、桜も咲いていよいよ春本番ですね。

お花屋さんでは春の花がたくさん並んでいます。

春の花といえば、球根類。

代表的なのはチューリップやヒヤシンスです。特に、チューリップはぷっくりと丸いフォルムが愛らしくてお花屋さんの前でもついつい見とれてしまいます。ふと思ったのですが、チューリップが嫌いな女性っているのでしょうか??!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お部屋に観葉植物は飾っているけれど、お花は活ける技術がないから飾れない・・という方!本日は、簡単かつ可愛らしくチューリップを飾るコツをご紹介いたします。

まだまだ外の空気は冷たい日もありますが、春を感じさせてくれるチューリップをお部屋に飾ってぜひ楽しんでみてくださいね。

 

コツその1 球根ごと飾る!


 

5a0cf3fe8d61e30bdac64f0d11b3a3d6(出典:http://www.thesassylife.com/)

球根の水生栽培と言うと、ヒヤシンスをまず思い出しますが、同じように球根植物のチューリップも、水生栽培をすることが出来るのです。

鉢植えのチューリップを根洗い(泥を洗い落とすこと)しても良いですし、球根の時から育てれば、より長く成長を楽しめます。

238ba64613c385b4686296f785320e80(出典:http://hubpages.com/living/)

 

e045e12904f304b1bc5488824d8def5e(出典:http://www.ehow.com/

チューリップをしっかり支えられる深めのガラスポットに入れるだけなのでテクニックいらずです。お花が咲く前もちょっとしたインテリアになりますね。

見た目にインパクトがあってオシャレなので、家族はもちろん、お客様にも喜んでいただけそうです。

f0f68e1a0961e2e2e4454dcb9502f315

(出典:http://world-of-lush-gardens.blogspot.jp/

ガラスポットの下には、デコレーション用のストーンやガラスチップを入れ、その上に球根を置きます。チューリップの球根は、あまり水が好きではないので、根腐れしないよう水の入れすぎないように注意しましょう。

 

 

コツその2 切り花にしてガラスの花瓶に入れてしまう!


次は、ガラスの花器に入れて切り花として楽しむ方法です。

たとえばこんな風に、丈のあるガラスの花器に入れてしまえば花を留めるテクニックは不要です。初心者さんでもスタイリッシュに楽しめます。

e7b614c6effe582fb0e37f12bb96bec4

(出典:http://www.colincowieweddings.com/

お花をランダムに入れても良いですし、ガラス花器の高さに花首がくるようにカットするとモダンな印象に。スパイラルにお花が組めればなお良いですが、たっぷりチューリップを使えば問題なく留まります。

957923f7f03ecdb877afae017f582116

(出典:https://lover.ly/real-weddings/

流行りのジャーをうまく利用するのも手。口が狭いので、花が自然に止まります。

62f87482e6c641c8b86d3b6a7dcb0939

(出典:http://amilassie.tumblr.com/

12362c3837f1be8665a72a867cbfe041(出典:http://hitta-hem.blogspot.jp/

c6c4155382b1c059537bf08746961b2a

(出典:http://www.countryliving.com/

5a6c420af4ebc8f235bd257a960d255f(出典:https://www.etsy.com/

 

大きな花器と小さな花器を2つ使うのも面白いアイデアです。

c90af647231e7b52e7bb3e492aaccb5d

(出典:https://www.bloglovin.com/

器と器の隙間に、カラフルなお菓子を入れれば、パーティアレンジに早変わり。

1ddc294b87c4b5391c941c5a82a73758

(出典:http://www.evolutionofstyleblog.com/

小さなグラスをたくさん。花が留まらない時は、足もとにデコストーンを入れて。

411b4ffc52ba5a572560a36798003595(出典:http://weddingcolors.net/

 250bc6f2aaed1e2ab6a6726aaa1195d7(出典:http://ofspringandsummer.blogspot.jp/

器の上部がシェイプしているものなら、さりげなくチューリップをいれただけなのに、絵になってカッコイイですね。

9c1833c89be5bda9b81b0950b5a48d66(出典:https://jp.pinterest.com/lilypinit/

 

 

 

コツその3 長く楽しむために大事なこと


切り花を長持ちさせるには、3つのポイントはがあります。

① 新鮮でつぼみの若いものを選びましょう。
チューリップは開いて閉じてを繰り返すので、比較的長持ちする植物。それでも入手の際には、まだ少し固めのつぼみのものを選ぶことで、より長く楽しむことができますよ。

 

499c5f42fc8441c983e018eef34f0996(出典:http://casalil.blogs.marieclairemaison.com/

 

②水につかる部分の葉を取り除きましょう
バクテリアが繁殖するのを防ぎます。
チューリップは葉もかわいいので全部取ってしまうのではなく、下の方だけ整理をしてみて下さい。

9ca2191df3aa72a8d94747acbf6053af(出典:http://www.apartmenttherapy.com/

 

③お水には栄養剤を入れましょう
栄養剤を入れると数日以上長持ちすることも。小袋のものは花屋さんのレジなどで売っています。

26835_750874__62014

(出典:http://www.chrysalflowerfood.com/

 

 

コツその4 色を合わせるとスタイリッシュに!


チューリップと言うと、私たちが想像するのは赤・白・黄色(歌の影響でしょうか)。カラフルな色達です。
今でも学校の春の花壇には、様々な色のチューリップが咲いていて、私たちを楽しませくれます。

そんな飾り方でも良いですが、よりスタイリッシュに仕上げたいなら、色はあまり混ぜない方が無難です。

 

d8def87da1116a67a932917d8cc4c4fa

(出典:https://www.bloglovin.com/

d823880fc86d540678a1d8dc5509049a

(出典:http://hubpages.com/living/

 

1

(出典:https://parisapartment.wordpress.com/

 

3111b439bb67aa91ca84b97237ddadbb

(出典:http://www.onsuttonplace.com/

 

71414354356f54938f7956bc6714b834

(出典:http://sevenstemsblog.com/

f01f4152a49bf26354bd26ed30c31d64

(出典:http://ana-rosa.tumblr.com/

 

8dd631feb37a4131271bb223540582ff(出典http://elisabethheier.no/

 

 

アレンジメントしてみたい!という方はこちら


アレンジメントをしてみたい方は私たちの「チューリップアレンジレシピ」をご覧くださいね。
葉っぱをカールさせてかわいく飾る方法をお伝えしています。
<<<同じ花材を使ってもイメージが変わる生花アレンジ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

おわりに 


 
643bbc50781c04b06e0a053bc1f8d806

(出典:http://lovelylaurak.tumblr.com/

器のセレクト次第で、数本からたっぷりの花まで、いろいろなスタイルで楽しむ事ができますし、チューリップ以外のお花でも同じように応用出来そうです。

ガラス花器は、安いものは100均でもありますし、凝った作りのものはなかなかのお値段がすることも。お気に入りの花器を少しずつづ集めて、春だけでなく、花のある暮らしを1年中お楽しみいただければと思います。

フジエ

 

インスタグラムではプライベートな花をポストしています*

Instagram

profminimini

 

体験レッスン

カレンダー

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。