BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

簡単!かわいいブーケの包み方お教えします☆

2013.07.24
投稿者:okada

Lipple

最近では、卒業式や入学式に、在校生やPTAの方々が、花をラッピングして贈る機会が増えているそうです。

自分達でラッピング出来れば、心を込めた花束をお贈りできますし、経費もかけずに済みますよね。

ですが、お花屋さんでは当たり前のようにお願いしているラッピングなのに、改めていざ自分でやってみようと思うと、どうやったら良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今日は、最も基本的で簡単な「花束ラッピング」の方法をご紹介いたします。

コツはペーパーを2枚使うこと。このひと手間で、誰でもステキに見えるラッピングになりますよ。  

花束ラッピングが自分で出来れば、セレモニーの時に限らず、日常のいろいろなシーンでも役に立つこと間違いなしです。

それではさっそくご覧下さい!

1)ラッピング用紙の上に花束を置く

●ラッピング用紙を2枚を少しずらして重ね、花束を写真のように置きます。

・用紙の横幅はブーケの約3倍、縦の長さはブーケの1.5~2倍程度を目安にして下さい。

・ラッピングペーパーは1枚でもかまいませんが、 無地のものと柄もの、違う色のものなど、2種類のペーパーをずらして重ねて使うと、表情が豊かになります。    

2)ペーパーの下部を上へ折り返す

●花束の高さに合わせて、ペーパーの下部を上へ折り返しておきます。

・花束のトップよりも、ラッピンペーパーが上へ出るように高さを調整します。

・余った下の部分を上に折り返します。

・折った部分に花束のステムを入れます。

・折った部分をポケットのように折ってステムを入れることで、見た目も美しくなり、花をコットンで保水してアルミホイルで巻いた場合に、その部分がするっと落ちてしまうのを防げます。  

3)左から右へペーパーをたたむ

●花が美しく見える場所が正面に来るように調整します。

・ぎゅっとたたまずに、少しだけふんわりするように包むと、ボリュームアップして見えます。

4)右から左へペーパーを同じくたたむ

●たたんだら目立たない位置でテープを留めておきます

・左右の順番はどちらからでも大丈夫です。  

5)リボンやラフィアをしっかり根元で結んで完成です

●不安な時は、先に軽くテープでぐるりと根元を留めておくと作業が簡単です

完成です

●難しいテクニック不要なのに かわいく見える簡単ラッピングがあっという間に完成です

769d88e425e03120b83ee4ed6b9d588e

同じ花束でも、ラッピングペーパーの色や柄のセレクトと結ぶリボンの種類によって雰囲気ががらりと変わり、かわいく見せたり、豪華に見せたりと、イメージを簡単に変えることが出来るのがラッピングの力です。

レッスンで花束やブーケをお作りになった生徒様にも、お持ち帰りいただく時、このようにラッピングしてお渡ししているのですが、大好評です^^

贈った方の喜ぶ顔を想像しながら、ひと手間かけて花束をステキな仕上がりにしていただければと思います。

 

ラッピングの方法を教えて下さったのは、
FEJ東京試験校リップルおかだそのこ先生です

 
 
 
 
 
 
 
体験レッスン

カレンダー

2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。