BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

ラベンダーのドライ加工のポイント教えます!

こんばんは。
フラワーエデュケーションの岡村です。

先日のレッスンで生徒様が
「自宅のラベンダーでラヴァンドゥクチュリエールの
作品を作るのが夢なんです」と仰っていました。

sec02_ph.jpgCAでは全て北海道産のラベンダーを使用しているのですが
ラベンダーから手作りってとても素敵ですよね^^

そこで今日はラベンダーをドライ加工する際の
ポイントを少しだけご紹介したいと思います。
 

早めに収穫

せっかく育てたラベンダーですから
咲きはじめから満開になるまでの、
その表情の移り変わりまで
しっかり楽しみたいですよね。

でもドライフラワーにする予定なら
そこはぐっと我慢して、お花が咲き始めたかな~
というくらいで収穫してください。

満開の状態で収穫すると、ドライ加工している段階で
お花がポロポロと落ちてしまいます。

ちょっと寂しいのですが
ここはキレイにドライ加工する為に我慢です!
 
 
乾燥は冷蔵庫

いろいろな方法がありますが
ラベンダーは冷蔵庫で乾燥させるのが一番オススメです。

その理由は色。
冷蔵庫内は当然日光には当たりませんから
外に吊るして乾燥させたものと比べると仕上がりが違います。

sec03_ph.jpg冷蔵庫に入れることに抵抗がある方は
ゴムで束ねてエアコンの前に吊るしてください。
 
風にあててできるだけ短時間で乾燥させることがポイントです。

ラヴェンダーはとても強いので育てるのもあまり手がかかりません。
ご自宅にお庭がある方はぜひ100%ご自宅産のラヴァンドゥクチュリエールに
挑戦してみてください♪

体験レッスン

カレンダー

2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。