BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

【4月無料レシピ♪】VOL1 アーティフィシャルフラワーとドライフラワーで作るナチュラル感あふれる流行のフライングリース

2019.04.02
投稿者:horiuchi

FEJ会員の皆様へお届けしている無料メルマガ「フラワーレシピ」。旬の情報から講師として必要な知識まで、花や手工芸レシピを毎月お届けし、花活動のヒントにしていただいています。

 

みなさま、こんにちは。 
兵庫県西宮市夙川でFEJオフィシャルスクール「アトリエフェリーチェ」を主宰している堀内です。

さあ、4月。新しい学期がはじまり気分新たにスタートする季節。

今月のフラワーレシピは、そんな季節にピッタリのグリーン、ブルー、ホワイトでナチュラルでさわやかなイメージのリースの作り方をご紹介します。
今回は、ドアに飾る通常のリースではなく吊り下げてかざるフライングリースのご提案です。

通常のリースベースと3本のリボンをつかって吊り下げタイプのベースに変身させます。
ドライフラワーとアーティフィシャルフラワーをミックスさせて、ナチュラル感いっぱいのリースは飾る場所を選びません。

こちらはダイジェスト版になりますので、全てはご覧いただけないのですが、ご紹介するレシピの一部をよろしければご覧下さい!

 

用意する資材

アートの小花(数種)ソーラーローズ アートの実 アートのグリーン2種
ドライフラワー(数種) 貝 木の実 カスミソウ リボン類(数種)
リースベース (サンプルは18センチを使用)

 

リースベースの作り方

リボン3本を使って『吊り下げて使うリース』に仕立てます。 

 

フライングリースの作り方 

カットしたリボンとアート素材のグリーンをリースベース側面にグルーガンで留めます。次に、花資材を配置してゆきます。
まずサイズの大きいものから固定してゆきます。すべてグルーガンを使用して留めています。バランスよく配置してくださいね。

残った花資材があれば、隙間にいれてゆきます。
完成したリースは、天井から吊り下げるか スタンドに掛けて飾ります。
ゆらゆら揺れるリースは、ナチュラル感いっぱいです。

作り方のコツ

フライングリースは天井に吊るして飾るので下から見たときのバランスを優先して資材をはりつけます。

また、今回のように垂れ下がるものがあると 吊るしたときにアクセントになります。キラキラするビーズ類などをつけてもいいですね。 

皆さんも、花資材を変えて色々なフライングリースづくりにチャレンジしてみてくださいね。

(詳しい制作方法は、メルマガでお届けしているパスワードからお入りくださいませ)

 

 

兵庫県オフシャルスクール
アトリエフェリーチェ 堀内かず美

HP        http://atelierfelice.com/
ブログ  https://ameblo.jp/atelier-felice/

体験レッスン

カレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。