BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

使い終わった瓶や缶も、素敵な花器に大変身☆

2013.07.10
投稿者:okada

 

食べ終わったお菓子の瓶や、紅茶の缶。
可愛くて捨てるのももったいないけど、
使い道もないし・・・なんて思ったことはありませんか?

そのまま花器として使っても十分可愛いものもありますが、
これにお気に入りのリボンを使って、自分だけのオリジナル花器を作ってみましょう。

わざわざ買いに行かなくても、身近なものを使って素敵な花器を作る方法のご紹介です。
今日は、この紅茶の缶を例に、作り方をご説明いたします☆

 

 

まずは下地作りです。
缶の柄がリボンから透けないように、 あらかじめフエルトなど(紙でもOK)を
張っておきます。


・缶に両面テープを張ります。

その上から、下地が透けない厚さのある生地や紙を張ります。

※瓶や無地の缶、リボンが厚手のものでしたら、この工程は省けます。

 

リボンで缶をデコしていきます。

お好みのリボンをご用意ください。
1種類でも良いですし、複数のリボンをあわせてもかわいいです。

・リボンの裏側に両面テープを張り・・・

缶に巻いていきます。

今回は、全面を埋めるように、ストライプのリボンを縦に張って、
缶の中央部分にアクセントとして、グログランのリボンを横に張ってみました。

 

・同じリボンをアレンジメントにも加えたら、一体感が出て、
より一層素敵に仕上がりますよ。

手軽に作れてエコにもつながり、一石二鳥です!

お子様の夏の工作などにもピッタリですので、
みなさまも、ぜひお試してみてくださいね。

 

エコな缶リメイクのアイデアを教えてくださったのは、
アトリエポレン」大川先生です☆
大川先生、いつもステキなアイデアをありがとうございます^^

 

体験レッスン

カレンダー

2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。