BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

簡単☆ドライフラワーの作り方

2013.07.23
投稿者:okada

 

 

お花が持たないこの季節、せっかく買った生花を長くたのしむために、
ドライフラワーを作ってみませんか。

 

作り方はとても簡単。
本日は2種類のドライ方法をご紹介します。

 

1)ハンギングして自然乾燥

皆様が良くご存知なのが、このハンギングして乾燥させる方法ではないでしょうか。

茎をまっすぐにして使いたい植物、
すでに水が下がって花首が曲がってしまっている植物などはこの方法で乾燥させます。

こんな風に、ドアのノブに吊るしてたのしんでも良いですし、
お部屋の隅にかけていただいてもOK。
水分が抜ければ完成です。

 

 

2)花瓶で水に入れたまま乾燥させる方法

花瓶にお水を少しだけ入れておき、
少しずつ植物をドライにしていく方法です。

頭の重い植物、茎の弱い植物には向きませんが、自然な雰囲気のドライが出来上がります。
いずれの方法も、乾燥前に一度しっかり水揚げを行なってから、
風通しが良く、陽に当たらない場所でドライにしてください^^

 

お花はもちろんですが、
これから出回るサンキライやノイバラなどのツルものは、
くるくるっと丸めて吊るしておくと、
自然のリース台になりますよ。

 

 

ぜひおためしください☆

体験レッスン

カレンダー

2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。