BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

”和紙”で簡単リメイク♪花器が和風に大変身

2015.02.23
投稿者:okada

 

 

先日の”ギフトショー2015スプリング”でも、とりわけ注目度の高かったのが、”和”のブースでした。

東京オリンピックも決まり、日本の伝統工芸が、今、改めて見直されています。
なかでも”和紙”は、ユネスコの無形文化遺産にも登録され、人気は高まる一方です。

そんな、”古くて新しい”和紙を使って、いつもの花器を素敵に変身させてしまいましょう。
まずはお手元にあるものや、在庫として眠っている花器をご用意ください。
器の上下の端と、上部内側のヘリ、底面に両面テープを貼っておきます。

写真では見えませんが、底の部分にも数か所、テープがはってあります。

お好みの和紙を前面にずらしながら貼って、ポイントを作ります。
(柄ものやワンカラーのものをお好みで組み合わせると、作品により深みが増します)

その後、後ろからくるっと前へ、大きめの和紙を巻きます(前から見ると、十二単のように見えます)。
上下とも、端から1~1・5センチ残して、切りそろえておきます。

 

切り残した部分を、器の上下に折り返し、先に張っておいた両面テープで留めます。

 

最後に和紙を細長く折り、本体の中央に巻きつけて、飾りにします。
(和紙は強度と伸縮性があるので、結ぶことも可能です!)

これで、あなただけのオリジナル花器の完成です。
洋風の花器も、すっかり”和”テイストに!
この季節、桃の節句や端午の節句などに、ぜひお試しくださいませ。

 

ちなみに和紙は、紙専門店や画材コーナー、東急ハンズなどで1枚から購入できます。
100円ショップでもたくさん売られています。

どうぞ、お気軽にお楽しみくださいね。

 

和紙について教えてくださったのは
「アトリエポレン」大川先生です☆
http://ameblo.jp/atelier-pollen

 

 

体験レッスン

カレンダー

2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。