BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

フラワーアレンジメントに季節感をプラスしたいときの実物の選び方6つのコツ、教えちゃいます♪

2019.05.09
投稿者:tsuge

 

みなさま、こんにちは。 
神奈川県横浜市でFEJオフィシャルスクール「フレーズ」を主宰している柘植です。

 

フラワーアレンジメントを作るときに使いたくなるアイテムのひとつがベリーなどの実物。
アクセントが欲しい時には本当に重宝しますよね。

 

そんなお役立ちアイテムの実物ですが、季節感をプラスしたい時の選び方にはちょっとしたポイントがあります。

 

春~夏のアレンジメントにはこんな実物がおすすめ!

春夏のアレンジメントにぴったりの実物選びで一番のおすすめはズバリ!グリーン系の実物です。

淡いグリーン系や黄緑色など、さわやかな色の実物を選ぶことでアレンジメントにも春夏の軽やかさをプラスすることができます。

 

そしてもうひとつおすすめなのが、イチゴやラズベリー、ブラックベリーなどのベリー類。
春から夏にかけてたわわに実がなるベリー類は、まさに季節感を表す花材のひとつと言えますね。

 

大きめのコロンとしたベリーはかわいいデザインのアレンジにぴったり♪

一方小ぶりのベリーは主張しすぎないので、さりげなくポイントに入れても素敵ですね♪

またベリー以外にもリンゴも季節感を出しやすい花材のひとつです。
青リンゴと赤いリンゴで季節を使い分けできるので、シーズンレッスンにも取り入れやすいですよ。

こちらはグリーンたっぷりのリースに入れて、みずみずしさをプラスした初夏のリースをイメージした作品です♪

 

秋~冬のアレンジメントにはこの実物がおすすめ!

続いて秋冬のアレンジメント向きの実物をご紹介しますね。
秋冬といえば、クリスマスやお正月のアレンジに使える花材がほしいですよね。

上のお写真はどちらも赤い実ですが、左の実は葉っぱのついていない千両の実パーツで、右は野ばらの実です。

野ばらの実は松かさなど木の実との相性もばっちり♪
リースに絡ませるだけでクリスマスの雰囲気がでますね。

一方の千両は代表的なお正月花材のひとつ。
お正月の実物は他にも「万両」や「南天」など縁起物が多いので、他の実物との使い分けができるといいですね。

 

また赤リンゴはクリスマス花材にぴったり!木の実と組み合わせるが特におすすめです♪

トピアリーにしたりリースにしたり、使い勝手がよいのでクリスマスアレンジにはマストなアイテムなのではないでしょうか。

 

季節感を出したいときの実物の選び方、一例をご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。
シーズンレッスンなどの花材選びの参考にしていただけるとうれしいです!

 

フレーズ(FEJ神奈川オフィシャルスクール)柘植 恭子

 

 

 

 

 

ブログ)https://ameblo.jp/koubou-hanakomachi/

FBページ)https://www.facebook.com/atelier.fraise/

インスタグラム)https://www.instagram.com/fraise_yokohama/

 

体験レッスン

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。