BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

ループを増やしてちょこっと華やか☆リボンワークの方法

2013.07.06
投稿者:okada

 

女性はリボンが大好き☆フラワーアレンジメントでもリボンは欠かせない存在です。
様々なリボンワークを知っていると、アレンジやレッスンの幅が広がりますね。
今回は、ループを増やして華やかに作るリボンワークのひとつをお伝えします。

 

① リボンを用意します。
今回はわかりやすくするため、太めの裏表のあるリボンを長めに用意しました。

テール(垂れる部分)を左手に、長さを想定して持ちます。

 

② ①で押えた部を支点に右側のリボンを上に持ってきてループを作ります。

 

③上から下に持ってきた長い方のリボンを、さらに同じ支点でループをつくり後ろで重ねます。

 

④さらに、同じ支点でループをつくり、一番上に重ねます。

 

⑤支点の部分をしっかりとしぼり、ワイヤーでねじり留めます。
(リボンの色に合わせたワイヤーが良いです)

この時、裏側でワイヤーを2~3回ねじり、さらにリボン自体を2回ほど回したほうがしっかりねじれます。

 

⑥この時点のリボンでも、かわいらしく使用することが出来ます^^ 

 

☆ 今回はもうひと作業します。

⑦5cmほどカットしたリボンを用意します。


⑧ ⑦のリボンで支点部分を隠すように、正面から裏側へ覆います。

⑨こちらはリボンの裏側です。支点の裏側でグルーを使って留めます。

 

この時、上に重なるリボンはほつれなどが出ないように少し折りこんで留めると 始末部分がきれいです。

 

⑩支点部分のリボンをグルーで留めた裏側です。

アレンジに使用する際は、写真のようにリボンをまたぐようにしてワイヤーを出すと問題ありません。

 

⑪出来上がりの正面です。
ループが増えて、いつものリボンよりちょこっと華やかになりました!

☆ループの大きさを揃えたりしても、また違った雰囲気になります。


ボリュームが出ますので、リボンの太さを25ミリ位の物を使うと

アレンジに使いやすいと思います。

 

ぜひ、リボンワークのひとつとして取り入れいただければうれしいです^^

 

ループを増やした華やかリボンについて教えてくださったのは
「Yurine Flower」篠田先生です☆

体験レッスン

カレンダー

2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。