BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

捨てるお花をピオニー・オールドローズにリメイク!

2013.07.10
投稿者:okada

 

箱で購入したプリザーブドフラワーの中には、
花びらに亀裂があったり、変形やサイズの関係で、
そのまま使うには、ちょっと・・と思えるお花が入っていることがあります。

それらを別のお花として使えるよう大変身させてしまうテクニックを2つご紹介いたします。

 

今日は1つ目のテクニック、
ローズとカーネーションを使って、ステキなピオニー風のお花に変身させる方法をご紹介します。

 

使用するのはメディアナサイズ程度のローズ1輪と、
スタンダードサイズのカーネーション1輪(いずれもプリザーブド)。

1)ローズの花びらを1枚1枚丁寧に外します。
根元の花びらがちぎれない様に注意して剥がして下さい。

 

2)カーネーションは、クロスピアスでワイヤリング。
※カーネも変形したものなどを使用すると良いですよ^^

3)カーネーションの周りに、ローズの花びらを、グルーで1枚ずつ貼り付けていきます。

1周目の花びらは、小サイズを使用します。

お花の形を見ながら、内側→外側の花びらの順で、
2~3周くらい、この作業を繰り返していきますが、
ここからがポイントです!

ローズの花びらは、上下を逆に使用します。

花芯についていた下の部分を上にして、
逆に、花びらの上の部分をグルーで張っていきます。
花びら下部を上にすることで、
よりピオニーの雰囲気に近づけることができます。

 

4)好みの形・大きさになったら完成☆

張り付け方(角度)で中輪にも大輪にもなります。
カーネションに花びらをかぶせ気味にするとつぼみ風にもなりますよ。

 

5)裏側は、花びらが剥がれない様にグルーでしっかり固定します。

 

プリザーブドピオニーは流通量が少なく値段も高価で、
くしゃっとした状態のものが多いのですが、
この方法なら、廃棄寸前のお花を使用しているのに、仕上がりも豪華。
オススメです!

 

次は、同じくリメイクのオールドローズを作る方法と
アレンジメントの作例をご紹介します。お楽しみに!

 

ピオニーリメイクの方法を教えてくださったのは
アトリエMikure」中川先生です☆

 

 

体験レッスン

カレンダー

2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。