BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

職人さんにダメ出しをしたこだわりの羽根

おはようございます。
クリエイトアカデミーの岡村です。

コサージュコースで一番人気の羽根コサージュ。

1co.jpg

羽根コサージュのカラーについては
実はかなりこだわっているんです。

パリのコサージュ工房レジュロンで教えていただいた際に
その技術はもちろんですが、素材の素晴らしさにも魅了された私たちは
パリとロンドンで理想の羽根を探し回りました。

そしてようやく!巡り会えた理想の羽根とともに帰国後
すぐにコサージュコースのカリキュラム作成に取り組みました。

maco.jpg

(↑画像に意味はありません/笑)

そしてコースを発表すると
たくさんのお申込みをいただきました。

すると予想以上のお申込み数に
準備していた羽根がすぐに底をついてしまい
急いで同じカラーの羽根を海外に発注したのですが・・・
イメージの違う羽根が届いてしまいました。

でも「悪くはない」んです。
既にお待たせしてしまっている方もいらっしゃったんです。

すごく悩みました。
・・・いや、嘘です(笑)

実はあまり悩みませんでした。
作品のクオリティに対して「妥協」という選択肢は
考えることができなかったので

お待たせしている方にそのようにご説明をした上で
すぐにもう一度海外に送り返して、
職人さんに染め直しをお願いしました。

3co.jpg

職人さん曰く、同じ染料を使って染めても
羽根の状態や季節によって仕上がりが違うそうなのですが
現在はおかげさまで質の良い羽根が安定供給できるようになりました^^

まだたった半年前のお話ですが
コース発表当初はこんな苦労があったんです。

でも苦労するだけの価値がありました。

私がコースの中でこの羽根コサージュが一番お気に入りなのは
カラーのこだわりもその理由の一つですが、

なんと言っても、形の違う100枚以上の羽根を
コロンとした絶妙なフォルムに仕上げる
レジュロン直伝のテクニック。

初めて羽根を加工する方も、コツを教わると
その姿は熟練の職人さんのようなんです♪

皆さんにも羽根加工を楽しんで頂けたら嬉しいです。

共感していただいたら↓こちらを押していただけると益々嬉しいです♪

体験レッスン

カレンダー

2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。