BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

簡単かわいい☆丸まったリーフ保管法

2014.04.19
投稿者:okada

 

 

くるんと丸まってしまったプリザーブドリーフ。

捨ててしまうのはもったいないけど、そのままでは使いにくくて・・
皆さんはどのようにしていますか?

 

以前は雑誌にはさんでカーブを伸ばしていたのですが、
そのまま忘れてしまうことがしばしば^^;

そんな忘れんぼうの方にもおすすめの方法をご紹介です。

 

私は、リーフ類はかさばるので葉をカットしてから箱に入れて保管しています。
このカットの際に残った枝を使います。

枝の長さをリーフの横幅プラス2センチほどを目安に2本、カットします。

 

 

丸まったリーフを丁寧に伸ばして重ねます。

 


枝の間に丸まったリーフをはさんで、 両脇を輪ゴムでとめます。

 

最後は他のリーフと一緒に箱に保管。

これで数日もすれば、まっすぐに戻りますし、なくすこともありません!
大きいリーフのときは枝を4本にして、2箇所でとめるとよりまっすぐになります。

 

私は輪ゴムを使っていますが、
ひと工夫して、カラーの輪ゴムにしてみたり、
リボンで結んだりしていただけば、オブジェみたいにかわいく保管できますので、
生徒さんにも楽しんでいただけるのではと思います。

どうぞお試しください。

 

リーフの保管方法いついて教えてくださったのは
「フルールブラン」 小野先生です☆

体験レッスン

カレンダー

2014年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。