BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

アーティフィシャルフラワーの可能性

こんにちは。FEJマコです。

今回は先日、表参道へお買い物に出かけた際のエピソードをご紹介したいと思います。

その日はフラっと、ある有名なブランドショップへ入ったのですが、
(そのショップは表参道の中でも有数な規模を誇る世界的に有名なブランドです)

ショップ内のディスプレイに、枝ものを使った大きなお花の装飾がありました。

ハイブランドだったということもあり、私はてっきりフレッシュだとばかり思っていたのですが、

近くに寄って、よぉーーーく見てみたところ・・・

アーティフィシャルフラワーであることがわかりました。

一昔前のアーティフィシャルフラワーは、遠くから見ても

「あれは造花だな」と気づくことができたのですが、

現在のアーティフィシャルフラワーは、

かなりの至近距離で(なんならこっそり触ってみたりして)見ないと、

フレッシュとの区別がつきません。

こういう時、「最近のアーティフィシャルフラワーは本当にクオリティーが高いなぁ」

と、つくづく感じます。

クリエイトアカデミーには、このハイクオリティーなアーティフィシャルフラワーを使ったコースがあります。

よろしければそちらのブログもご覧くださいませ。

クリエイトアカデミー・アーティフィシャルフラワークラスブログ
「蘭の花弁について調べてみました!」⇒

目を見張るほど完成度の高いアーティフィシャルフラワー。

必然的に今後の可能性も広がります。

ワクワクしますね♪

またお会いしましょう。

マコ

入学も随時募集中。ご相談、レッスンのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
FEJHP CAHP お問い合わせ |TEL 03-6407-0425 全国お教室MAP

体験レッスン

カレンダー

2014年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。