BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

母の日100年目【知っておきたい母の日に向けてのカーネーション】

2014.05.09
投稿者:okada

母の日100周年の年になりました

母の日は5月の第2日曜日です。

この日はお母さんに感謝の気持ちをあらわす日。 母の日が始まった説は色々ありますが、 

南北戦争中のアメリカで「母の仕事の日」(Mother’s Work Days)として、敵味方関係なく、負傷した兵士達の衛生状況を改善する運動を行ったアン・ジャービスという女性が由来とされています。

その娘、アンナ・ジャービスがお母さんに感謝の気持ちを贈る「母の日」を提案し、1914年に「母の日」は5月の第2日曜日と定められ、アメリカの祝日となりました。

つまり、今年で母の日のお祝いは100年目を迎えたことになります。

日本では1931年に母の日がスタートしましたが、この時は昭和天皇の皇后である香淳皇后の誕生日である3月6日が母の日でした。1949年頃からアメリカのように、日本でも5月の第2日曜日に行われるようになったと言われています。

知っておきたい白いカーネーションの意味

母の日といえばカーネーションです。プリザーブドフラワーのカーネーションも様々なカラーバリエーションが増えていますが、 ぜひ知っておきたいのは「白いカーネーション」について。

 

カーネーションを贈るようになったきっかけは、「母の日」を提案したアンナ・ジャービス。その彼女が亡きお母さんの祭壇に、お母さんが生前好きだった白いカーネーションを飾ったことから母の日が始まりました。

このことから、亡くなったお母さんには白いカーネーションを、健在のお母さんには赤いカーネーションを贈る風習が生まれたといわれています。

だから『白のカーネーションは亡き母へ贈る』という印象を 多くの方が持っています。

白のカーネーションは珍しく、また綺麗ですし、以前ほど気にされる方は 少なくなっているかもしれませんが、場合によっては贈る相手に失礼になってしまうことがあります。  

母の日の感謝の気持ちを贈るのに、知らなかったことでもらった相手に嫌な思いをさせないように、また、お花のお仕事をする上でも、お客様に聞かれることもありますので意味を知っておくのも大事ですね。  

  母の日について教えてくださったのは 「Yurine Flower」 篠田先生です。

体験レッスン

カレンダー

2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。