BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

『SEX and the CITY』が火付け役で結婚式に欠かせなくなってきた演出って?

2015.06.24
投稿者:okada

 

ブライズメイドをご存じでしょうか。
欧米の挙式では欠かせない演出のひとつで、映画『SEX and the CITY』が火付け役と言われ、最近では、日本の挙式でもブライズメイドをつけるブライズが増えています。

画像1[1]http://www.christianothstudio.com/  Photo Credit: Christian Oth Studio

 

このブライズメイドのルーツには様々な説があります。その中の一説によるとブライズメイドの起源は、中世のヨーロッパにさかのぼります。花嫁の幸せを妬む悪魔から花嫁を守るために、未婚の姉妹や友人たちが花嫁と同じような衣裳を着て付き添い、悪魔の眼を惑わした伝統が由来とされているそうです。

 

ブライズメイドの具体的な役割

ブライズメイドとは、嫁の付き添い人、立会人として、結婚式で花嫁の側に立つ女性たちのこと。
◆ブライズ=花嫁、メイド=世話をする(若い)女性という意味で、花嫁の女友達や姉妹、親族などで“未婚”の女性が、花嫁の身の回りの世話をする「アテンド」の役割をします。
◆お世話をするだけでなく、皆でおそろいのドレスを着てブーケを持ち、花嫁に華を添え引き立てる役目も。

画像2[1]http://archetypestudioinc.com/  Photo Credit: Archetype Studio Inc

 

何よりブライズメイドが素敵なのが、おそろいのドレスにブーケを持ったその佇まい。結婚式のテーマカラーに合わせたり、花嫁のブーケに合わせたり、花嫁に華を添え引き立て、結婚式を盛り上げるのです。新郎側にも同じ役割の男性数名がおり、「アッシャー」(グルームスマン)と呼ばれます。

 

 

先日、「ブライズメイドとアッシャー(グルームズマン)のお花をお願いしたい」というオーダーをいただき、ブライズメイドには、リストレットブーケをアッシャーにはブートニアをお作りいたしました。

画像3[1]

 

お打ち合わせでは、テーマカラーや、会場のテーマカラーなどをお聞きして、デザインを決めていきました。またこれらは、新郎新婦から、ブライズメイドとアッシャーへのプレゼントなので、可愛くラッピングを施しました。
画像4[1]

このようなケースにお入れすることで、お式の後も、楽しい思い出と共に、インテリアとして飾って楽しんでいただけますのでオススメです。

 

最近では、フラッシュモブなどのサプライズ演出で、プロポーズを友人達と分かち合うなんてこともあるようですが、結婚式を共に演出し、喜びを分かち合あうことで、新郎新婦、ブライズメイドやアッシャーを務めた友人ともに、より一層深く心に残る結婚式となることは間違いありませんね^^

 

「La Fleur Angelique」小久保早苗
http://ameblo.jp/angelique0305/
logo300

体験レッスン

カレンダー

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。