BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

短い丈の保水に便利!生花アレンジに使える日用アイテム

2015.09.19
投稿者:okada

 

生花の丈を短くカットしてアレンジする際、
お花の鮮度を保たせる便利な日用アイテムをご紹介いたします。

IMG_3751ー網1[1]

お花や実物など短くカットされた花材。

 

 

IMG_3756ー網2[1]

お水をたっぷり張った器をご用意。
(水盤を利用するとお水の量も少量で済みます。)

 

IMG_3760ー網3[1]

その器の上に「焼き網」を乗せます。

 

 

IMG_3761ー網4 - コピー

網のマス目を利用して短くカットされたお花を入れます。
こうする事によって、丈の短いお花(実物やリーフなども)水の中に浸かったり沈んだりしなく
常にお水の中に茎が浸り保水が出来て鮮度が保たれます。

網も色々ありますが、網全体に少し波がある焼き網がベストです。
その波が上手くストッパーとなり細い茎のお花でも滑り落ちづらいです。

 

 

IMG_3779ー網5[1]

お花の鮮度を保ったまま効率よくアレンジが出来ますよ。

 

レッスンはもちろん、小さなサイズのアレンジを多く作る時や、
お花屋さんでミニブーケなどを買ってきてアレンジされる際にも大変便利です。

短い丈のお花でアレンジされる際には、
是非、お試しくださいませ。

アトリエMikure 中川美也
http://ameblo.jp/mikure/
IMG_8601-3-500ミクレ中川 [1]

体験レッスン

カレンダー

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。