BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

マタニティフォトの後にはホームパーティーでも活躍!マタニティフラワーサッシュの使い方

2016.04.06
投稿者:fujie

『マタニティフォトの後にはホームパーティーでも活躍!マタニティフラワーサッシュの使い方』

 

sash  

前回、「マタニティフォトを自宅でもプロっぽく撮影するための5のコツ」でマタニティフラワーサッシュをご紹介しました。
<<<マタニティフォトを自宅でもプロっぽく撮影するための5のコツ  

通常販売されている「マタニティフラワーサッシュ」はマタニティフォトのためだけに作られていることが多いのですが、その時だけで終わりにしてしまってはもったいない!ということで、撮影後にもインテリアとして楽しんでいただけるように、私たちのサッシュは工夫をしています。    

 

 

インテリアとして楽しめるフラワーサッシュ


インテリアとしてお楽しみいただける私たちのフラワーサッシュ。 壁やドアに掛けて、ガーランドリースのようにお使いいただけます。
 
http://www.amazon.co.jp/FEJサッシュ

DSC_0425

DSC_0422

DSC_0415

DSC_0409

1

DSC_0418http://www.amazon.co.jp/FEJサッシュ

 

DSC_0412

3     マタニティサッシュ 

お腹に巻く為のリボンは脱着できるようになっています。

リボンを外せば、裏側についているフック用リボンを利用して、壁にかけて楽しんでいただけます。 横向き用のフックリボンもついていますので、このように横向きにして壁にかけても良いですよ!  

フラワーサッシュFEJ  http://www.amazon.co.jp/FEJサッシュ

 

ホームパーティーや、家族でお祝いをされる時には、フラワーサッシュをウェルカムフラワーとしてドアやインテリアとしてお楽しみいただいてもも良いですし、テーブルのセンターに置けば、立派なパーティー装花になります。

フラワーサッシュ

http://www.amazon.co.jp/FEJサッシュ

 

DSC_0297  

http://www.amazon.co.jp/FEJサッシュ

 

 

 

お揃いのお花を使ったアクセサリーを赤ちゃんが身につければ、さらにパーティが盛り上がること間違いなしですね^^

 

http://www.createacademy.jp/artificial-flower/lesson/

 

 安心のノンホルムアルデヒド


ママと赤ちゃんが色々な楽しみ方ができるように・・・との思いで、デザイナーが1点1点、心を込めて国内で作っております。 使っているのはまるで生花のような上質なアーティフィシャルフラワーや、こだわりのリボン、生地、レースなど・・・。

デザイン性だけでなく、デリケートな赤ちゃんやママのお肌をいたわる工夫もしてあります。

000023681431

直接お肌に触れる部分の素材は全てノンホルムアルデヒド。どうぞご安心下さい。

1

03012d4b3acda03d441645f856246af0_s

赤ちゃんが生まれてからしばらくは手のかかる日々が続きますから、枯れずに楽しめるインテリアフラワーは来客の際にはとても重宝します。ご自身で手作りしていただくことも出来ますし、プレゼントとして贈っていただくのもオススメです。    

 

 

おわりに


ea4c5b7058c6dd0eebec52851144aeb0_s

お腹の中の赤ちゃんが生まれてくる日を心待ちにする10ケ月という時間は、長いようでとても短いものです。

限られたこの時間を、健康な赤ちゃんが生まれてくように、そして自分自身も想い出に残る、そんな時間にしたいものですよね。

マタニティヨガやママ教室に通ってみたり、せっかくの機会ですから思い切ってマタニティフォトにチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

このお腹の中にあなたがいたのよ、とマタニティフォトを見ながら笑いあう日を想像するだけで、なんだか胸がいっぱいになってしまいそうですね。 皆様のマタニティライフがステキな時間でありますように、お祈りしております。

 

 

profminimini

 

 

 

体験レッスン

カレンダー

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。