BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

運河に浮かぶオランダの花市場「シンゲルフラワーマーケット」

2016.06.14
投稿者:fujie

 

IMG_4607

花大国のオランダ。ここにはふたつの有名な花市場があります。

ひとつは誰でも気軽に見ることができる「シンゲルの花市場」もう一つはアムステルダムより車で30分の場所にある「アールスメール花市場」

ドイツからフランスに抜ける途中で寄ったオランダ・アムステルダム。思いがけず現地で仲良くなってしまった人のおかげでアムステルダムがとっても楽しくて、通り抜けるつもりが3日間もステイしてしまいました。

パリには今までよく行きましたが、パリの雑貨屋さん巡りが好きな方はアムス本当にお勧めです。小さな個人店がたくさんあって、おしゃれで可愛くて。きっと女性なら心躍るはず♪

今日は「シンゲルの花市場」とオランダアムステルダムのかわいい街並みやショップを皆さまにお届けいたします。

 

運河に浮かぶシンゲル花市場


昔この地区は花屋街でした。

1862年からシンゲルの運河沿いにあった花屋街は全長2キロ。運河に浮かんでいます。

DSC03681

 

花市場と聞くと切り花がたくさん売られている、というイメージですが、ここは種や球根がメインの花市場です。切り花はちょこっとだけ。そのかわり、立派な球根がたくさん!

球根は土がついていないので、国外にもっていくことができますよ。

DSC03717

今にも咲きそうな球根

DSC03705

 

DSC03699

シンゲルの花市場は今ではすっかり観光の名所になっているそうで、昔と違って花とは関係のないお土産物屋さんも多くなり、オランダの人たちはちょっぴりさみしく思っているそうです。

DSC03704

DSC03682

それでも、これだけの量の球根や種がたくさん売られているところは日本ではありません。歩いていてとても楽しかったです。

DSC03683

大量のドライフラワー

DSC03688DSC03687

DSC03690

世界的に流行中の盆栽キットも。

DSC03695

でも、これ盆栽なんだろうか??

DSC03703

普段は球根の状態を実際に見ることがない花もたくさんあって、ついつい凝視してしまいます。手にとっては、ほお~と言いながら見て回るのもまた楽しい!

DSC03702

DSC03701

すごい量の球根たち!

DSC03718DSC03709

こちらの市場、本当に少しなのですが切り花のショップもあります。でも、そのほとんどがブーケとして売られていています。地元の方々はブーケになっているものを購入されることが多いとのこと。

そのせいか、アムステルダム市内では切り花がたくさん売られている花屋さんは少なく、店頭に出ている多くはすでに花束になっているもの。花束は束が大きくひとつ150€くらい(1700円くらいでしょうか)

お花屋さんを少し回りましたがどこも奥のテーブルで花束を大量に作っており、フローリストのみなさんは大忙しのようでした。

DSC03712

DSC03722

DSC03721DSC03723

アムステルダムはガーベラやチューリップ、シャクヤクやアジサイを多く見かけました。

DSC03694DSC03693DSC03692

チューリップが50本で6€(780円くらい?)一般の人も買える価格だから安いですよね!!

DSC03691DSC03711

 

アムステルダムと大麻


実はこちらの下の画像は大麻の種!

そう、アムステルダムは花と大麻の国なのです。この国は大麻は合法。オランダ人は一人につき、3株まで育てて良いことになっているため、こうして花市場では大麻の種も売られています。

 

DSC03696

ちなみに、こちらをぶらぶら歩いているとよく目にするのが「コーヒーショップ」

これはカフェではなく、大麻を体験できる場所なのです。私は、アムステルダムにくるまでコーヒーショップの存在を知らなかったのですが、このショップが至るところにあり、みなさん吸っているのです!カルチャーショック(笑)

公園に行くと、ずいぶん若い子ちたが自転車に乗りながらマリファナを吸っていますし、町中を歩けば大麻ショップがたくさん。大麻は常習性がなく、生理痛や関節痛、ガンの痛みや不眠によく効くそうでアメリカやその他の国でも合法になりつつあります。

日本でも北海道の特区で医療大麻が始まっていますよね。もちろん日本では禁止のものですが、アムステルダムを歩いているとなんだか不思議な気分になるのでした。

可愛い街並み


アムステルダムは通り自体が世界遺産になっているところも多く、運河沿いを歩くのが楽しい町です。ところ狭しといろいろなお店があり、一日中見ていてもあきません。

 

DSC03729

IMG_4626IMG_4558

DSC03739

素敵な玄関や見事なアイビーハウスを見るのもこの町の楽しみ

DSC03788

DSC03774

IMG_4486

DSC03773

犬連れの婦人も多く、リードはしないで自由にプラプラしているのがまた可愛いのです。

IMG_4493

そして、天使のようにかわいい子供たち。この日、公園の噴水でみんな遊んでいました。

IMG_4462

IMG_4463

可愛い雑貨屋さんも多数♪

IMG_4350 IMG_4348 IMG_4307IMG_4512 IMG_4500

オランダ・アムステルダムは私にとっては通過点の国でしたが思いがけず好きになってしまい、現地で仲良くなった方とまた会う約束をしてお別れしてきました。

アムスはパリから飛行機で一時間の距離。これからもちょくちょく遊びに行こうと思います。

次は世界最大の花市場、アールスメールの様子をお届けいたします!

旅の様子は私のインスタグラムフェイスブックにUP中です。・・・・良かったらぜひフォローしてください。今は南仏プロヴァンスにおります。

profminimini

 

 

 

 

体験レッスン

カレンダー

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。