BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

女の子のママには特にお勧め!ベビーフォトでも七五三でも使える赤ちゃんコサージュ

2016.10.12
投稿者:fujie

 

依然ママたちの間で流行しているニューボーンフォト。今日は、七五三やお披露目の日にちょこんとつけたら絶対に可愛いコサージュについてお伝えしたいと思います。ニューボーンフォトを知らない、という人はこちらの記事を先にお読みくださいね。

<<ママたちの間で流行っている「ニューボーンフォト」ご存知ですか?~赤ちゃんを可愛く撮るためのグッズ~
<<ママたちの間で流行っている「ニューボーンフォト」ご存知ですか? ~自宅で赤ちゃんをかわいく撮影するコツ~

 

「ニューボーンフォト」と「ベビーフォト」ってどう違うの?


―違いは撮影期間―

よく聞かれるのが、ニューボーンフォトと、ベビーフォトってどう違うの?という質問。特に大きな違いはなく、ほぼ同じ意味で使われています。

違うという点では、撮影期間です。ニューボーンフォトは生後3週間位までの新生児を撮影した写真のことをさしていて、それ以降に撮影した赤ちゃんの写真をベビーフォトと呼び、区別しています。

ベビーフォトもニューボーンフォトも、かわいい一瞬を少しでも可愛く素敵に撮りたい!というママたちも多く、様々な衣装やグッズが販売されています。

私たちがご提案している「赤ちゃんコサージュ」も同じくベビーフォトのアクセサリーとしてもお使いいただけるひとつです。

 

赤ちゃんフォトにピッタリのベビーコサージュ


今日は赤ちゃんコサージュの色々な使い方をご紹介させていただきますが、少し大きな七五三さんでも発表会の記念撮影にも使えますので、ぜひ参考になさってみてくださいね。私も女の子がいたらコサージュをつけて写真を撮りたかった!

まずご紹介するのは人気のベアフット。

<<<ニューボーン・ベビーフォトでも活躍!海外で流行している「ベアフットサンダル」を知っていますか?

大人用から流行が始まり、今はベビー用のベアフットも人気です。

ベアフット

DSC_9861

000025575570

 

このベアフット、足に装着するように作られていますが、実はこんな風にすることも可能です!

 

手首に巻いたり・・

 

 

ママのバッグのアクセサリーやコサージュにしたり・・

 

 

 

こちらはリボンで結ぶタイプの赤ちゃんコサージュ。

頭に巻いて使ったり、手足につけてみたり・・

 

ドアボールのようにしてみたり・・

DSC_0381

ママのコサージュにも。

DSC_0367

 

こちらももちろん、ママのバッグチャームにもなります。タッセルなどと合わせてつければかわいさが増しそうで、赤ちゃんのものだったなんて誰も想像しないだろうと思います。

このように、たったひとつのコサージュで色々な使い方をお楽しみいただけます。
ベビーフォトの後は、こんなシーンでアクセサリーとしてお使い下さい。

・お宮参り

・お正月のお着物

・七五三

・発表会
(ピアノやエレクトーン発表会では手足や首にアクセを付けるのが流行ってます)

・お祝いなどのお出かけ

ひとつ使いなら愛らしく、いくつか合わて使えば豪華になりますので、女の子のお子様がいらっしゃる方はぜひぜひお試しくださいね。

注)ピンなどを使用される際には十分安全に気を付けて使用されてくださいませ。

おわりに


私たちが幼児の頃は、赤ちゃん用の上質なコサージュなど存在していませんでしたので(多分)、母のコサージュやブローチが、とてもうらやましかったのを今でも覚えています。

もし自分用のコサージュを生まれた時から持っていたら、きっと宝物にして今で見大事に持っている気がします。

赤ちゃんの誕生月の花ならもっとステキですし、ママやパパの思い出のお花を選んでも良いかもしれません。ラッキーカラーコサージュも面白そうですね。

宝石のような女の子の赤ちゃんをより愛らしく見せてくれるベビーコサージュ。

ママから娘へのファーストプレゼントにしてみてはいかがでしょうか。きっと赤ちゃんの一緒の宝物になると思いますよ。

こちらの赤ちゃんコサージュ、レッスンも行っています。ご興味のある人はご連絡くださいね。

maternity_main

 

体験レッスン

カレンダー

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。