BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

プリザーブドフラワーに大活躍の「グル―ガン、グル―ポット」最新注意報と3つのアドバイス

2016.10.01
投稿者:fujie

90-5040-0_2(出典:http://item.rakuten.co.jp/

プリザーブドフラワーのアレンジメントやリースを作る際に欠かせないのが「グルーポット」や「グルーガン」です。

教室をされている方なら、ガンとポット、それぞれ用途に合わせていくつもお持ちではないかと思います。

毎日使うものなので、ついつい鈍感になりがちですが、高温の状態で使い続けるものなので、安全には十分注意したいものです(実際、このグルーポットやグルーガンの事故も起こっています)。

そこで今日は、知っているようで知らないことも多いグルーについて、今現在どうなっているのかを調べてみましたので皆様にシェアしたいと思います!

まずはグルーポットとグルーガンについて

●グルーポット

体験レッスンの方がいらっしゃると「これは何ですか?」と質問されることの多いのが「グルーポット」です。

グルーポット

●専用のチップ(高温用)を使います

asca グルーポット 高温 A-13003-000

平たく言うと、グルーガンに使うスティックと同じ素材のチップを、このポットに入れて溶かして使う道具です。

●どんな時に使うのか?

グルーガンとどのように使い分けるかと言うと・・
●コストを押さえたい時(販売)
・・グルーポット用のチップは、グルースティックに比べると安いのでコストを抑えることができます。
●大人数のレッスンの時
・・大人数のレッスンの時、電源の関係で、一人1台のグルーガンを使うのは難しいことが多いのですが、そんな時、このグルーポットを中央に置けば、各々が手を伸ばして使うことが出来て便利です。
●スピードを上げて仕事をしたい時
・・グルーガンは先端でスティックを溶かしながら使うので、連続作業が苦手なのですが、グルーポットなら溶けたものを使っていくので、スピーディーに作業が出来ます。リースを作る時などはポットが便利です。

こんな時に、グルーポットをお使いいただければと思います。

 ●ポット用のグルーチップ(ペレット)に種類はあるの?

以前は、日本の資材問屋さんでは「高粘度ペレット」と「低粘度ペレット」の2種類が販売されていたのですが、低粘度ペレット(OASYS社製)は日本では販売中止になってしまい、現在、一般的に流通しているのは、白い高粘度のペレットのみとなります。

さらっとしている低粘度のグルー(黄色)は、日本では現在は買えなくなってしまいました(海外では流通しています)。

hot-melt-pan-glue-16-ounce-bag-3(出典:http://www.save-on-crafts.com/

現在、資材屋さんで手に入るのは白いペレットです。

item001-02318(出典:http://item.rakuten.co.jp/hanadonya-associe/

白いペレットは少し粘度が高く、ぽってりとついてしまうことがあって、慣れるまで使いにくいのですが、黄色よりもプリザーブドフラワーには色が響きにくいというメリットもあります。

●グルーガン

グルーガンは、手持ちで使えるホットボンドです。低温、高温、ノズルのサイズなど、いろいろな種類があるので、お好みで揃えていきましょう。メリアはブルーミングなどの細かい作業には、グルーガンの方がやりやすいこともあります。

低温用グルーガン
●約120度~130度でスティックをとかすものが多い
●「低温用」と書いてあるスティックを使います(やや白い)

item030-00069(出典:http://item.rakuten.co.jp/hanadonya-associe/

 【低温グルーガンのメリット】
●100均で売っているスティックは低温用なので、気軽に使えます。
●高温よりも温度が低いので、お子様が使う際には低温が安心です。
【低温グルーガンのデメリット】
●温度が低いので、グルーをとかすスピードが遅く、ゆっくりした作業になります。
●高温グルーより、接着面がぽろっと取れやすい傾向にあります。
 

高温用グルーガン

●温度170~210度でスティックを溶かすものが多い。
●「高温用」と書いてあるスティックを使います(やや透明)。

030-00070

(出典:http://item.rakuten.co.jp/hanadonya-associe/

 【高温グルーガンのメリット】
●パワーがあるのでグルーをとかすスピードが速く、作業も手早く行えます。
●よりしっかり接着出来ので、プロは高温を使うことが多いとおもいます。
●細口から大口まで、様々なタイプのグルーガンがあり、用途で使い分けられます。
【高温グルーガンのデメリット】
●温度が高いので作業中に注意が必要です。お子様にはオススメできません。

●グルーってなんで出来てるの??

気になるのがグルーの素材です。

工業用も含めると、実は様々なグルーがあるのですが、私達が一般的に使っているグルーは「EVA」素材です。

EVAで身近なものと言えばクロックスなどのサンダル。あの素材がEVAと言えば、ピンと来るかもしれません。日本のメーカーのグルーには、有害な成分やホルムアルデヒドなどは含まれていないと言われています。

気を付けたいグルーの安全管理

100均のグルーガンもすっかりおなじみになってきましたが、少し前は、100均のグルーガンは壊れやすいという話もちらほら聞きました。

ただ、PL法などの兼ね合いもあるのか、最近では品質も向上して、あまりそんな話も効かなくなりました。使い勝手の違いはあると思いますが、安全面ではさほど違いはなさそうです。

だからと言って、安全対策を怠ると、トラブルの原因になりますので、十分な注意が必要です。

では具体的にどのように私達はグルーについて気を付ければ良いのでしょうか?

●気を付けることその1)
~長時間の連続使用は避ける~

グルーを使用する上で最も気を付けなくてはいけないのが、長時間の連続使用、つまりコンセントに挿しっぱなしにするという行為です。

殆どの事故が、この長時間使用による過熱によるものと言われています。

使わなくなったらすぐに電源から抜くを、習慣にしましょう。

●気を付けることその2)
~コードを結ばない~

グルーに限らず電化製品は、使い続けるうちに、コードを結んだり束ねたりすることで、細かく断線してしまうことがあります。

断線した状態で、長時間グルーに電源を入れ続けると、ショートしてしまうことがあるのです。

実際にショートすると「ボン!」という音がして、焦げくさい匂いが漂います。もし生徒さんがいる時であれば、かなり驚かれると思います。知人に、グルーポットもグルーガンも、何回かショートさせているという人がいますので、他人事ではありません。

火事になる可能性もありますので、十分な注意が必要です。

コードはぎゅっと結ばないよう、特にグルー本体に近い根本は曲げないようにすることも重要です。

●以前、トラブルが続いたポットグルー

実は5年ほど前、あるメーカーの高温グルーポットにトラブルが相次ぎ、対象機種を東京堂では取り扱わなくなりました。現在は代替えとして少し小さいタイプが取り扱われています(某問屋さんでは引き続き扱われているのですが、改善対策を行い、安全基準に適合した商品を出荷しているそうです)。

その為、現在、比較的手に入りやすいのはこちらのグルーポットになります。

002-16722
(出典http://www.hanadonya.com/)

ちょっと小ぶりなので、頻繁にグルーペレットの継ぎ足しが必要ですが、安全には替えられません。

まとめ

 グルーにまつわる、あれこれは時々お伝えしているのですが、安全面には十分な注意が必要です。
グルーガンから、花やワイヤーについた直後のグルーを指で触ってもそれほど熱くないので、ついつい油断するようになってしまうのですが、グルーポットからすくったグルーを直接指に落とすと、水膨れになってしまいます。

レッスン初回の際に、初心者の方にもそうでない人にも、グルーポットの中身は170度以上になり、天ぷらの油と同じくらい高温になること、コードを束ねずにしまうこと、長時間使用しないことなどをお伝えしていきましょう。

 
未然に事故がおこらないようにして、楽しくて充実したレッスンができるよう気を付けて参りましょう。

以上、グル―注意情報でした!

 

 

 

 

 グルーについてはこちらの記事もオススメです
 
体験レッスン

カレンダー

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。