BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

ワークショップやレッスンに活用できる♪【フライングリースのベース(土台)・レシピ】ハンガーを使って手軽にお洒落なベースを作る方法!

2018.10.25
投稿者:kayoiji

 

こんにちは通地です^^

10月も下旬。来月からはクリスマスやその先のお正月に備え、一気に慌ただしくなってきますね。ワークショップやレッスンの開催、リース制作などのご依頼も増え、それに合わせてアイディア出しやサンプル作り、花材や資材調達に追われてしまう、と言う方も多いはず。私自身もショップのディスプレイチェンジに時間を費やすため、少しでも短時間で素敵な作品を制作できないものかと、日々考えています。

そこで今回は、時間はないけど手は抜きたくない!と言う方へ、私が実際に使っていて便利だと感じた「ハンガー」で作れるフライングリースの土台作りをご紹介させていただきます。

 ワークショップやレッスンに活用できる♪【フライングリースのベース(土台)レシピ】ハンガーを使って手軽にお洒落なベースを作る方法!

用意するもの

ハンガー3本

ワイヤーバサミ、手芸用ペンチ、フローラルテープ(ホワイト)、カラースプレー(ゴールド)

ステップ1)土台の下部づくり

ハンガーのフック部分をカットして、丸くします。この時ペンチを使って歪みを綺麗に整えます。

両端を丸くしてお互いを引っ掛け、外れないように固定します。

これで土台の下の部分ができました。

 

ステップ2)土台の上部づくり

・残りの二つのハンガーを用意します。両端下を約2㎝ほど残してカットします。

・二つのハンガーを重ね合わせ、フックの部分を巻き付けていきます。この時、どちらか長い方のフック部分をもう片方に巻き付けていくと、きれいに長さが揃います。 

・手芸用ペンチを使って上部の曲がっている箇所を真っすぐにしておきます。

・フックの部分にフローラルテープを巻き付けていきます。

・これで上部ができました。

 

ステップ3)上部と下部を合わせる

・上部を下部に合わせます。上から見た時に十字になるように意識しながら、角度と間隔を整えます。

・手芸用ペンチを使ってワイヤーを巻き付けます。

・ベースが作り終わりました。

ステップ4)カラーリング

・仕上げにカラーコーティングを施します。今回は華やかにするために金色のカラースプレーを吹きかけていますが、もちろんそのまま使用しても大丈夫です。

完成です

半日乾燥させたらベースの完成です!後はお好みの花材でデコレーションをすれば、素敵なフライングリースの出来上がりです。

 

身近にあるハンガーで、あっと言う間にフライングベースが出来たら嬉しいですよね。自宅飾りなら私物のハンガーで十分な場合もあります。ワークショップ用であれば、100円ショップに3~5本100円で販売されているものを使用しても良いかと思います。濡れた重たい服を下げるのが前提となっているため少し曲げにくい箇所もありますが、ペンチを使いこなせば直ぐに作れますので、ぜひお教室やイベントに取り入れてみてください。

 


東京町田 ライセンススクール
フラワー&輸入雑貨「フルールベネット」通地 美弥子
https://www.fleursbenites.com
https://www.instagram.com/beni_fleursbenites

 


 

体験レッスン

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。