BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

フラワーデザイナー必見!最小コストで無駄のないガラスベースアレンジの作り方

2019.06.06
投稿者:ayumi

こんにちは。麻布ローズルームの寺町です。

若葉青葉の色が日に日に色を増し清々しい風が吹くこの季節、これから迎える夏本番に向けてフラワーアレンジも爽やかで涼しげなものが好まれる様になりますね。

お花の種類や色で演出することもできますが、この季節に人気なのは何と言ってもガラスベースです。

生花のアレンジでしたらガラスから美しい茎を見せながらナチュラルに飾ることができますが、プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーは足元を隠したい場合があります。

そんな時に活躍する涼しげなガラスベースの作り方をご紹介したいと思います。

色々と隠す方法はありますが、今回は資材を無駄なく少量で抑え軽くてお財布にも優しい方法をお伝えします

 

涼しげなガラスベースの作り方

涼しげなガラスベースを作る方法を早速ご紹介します。

1、材料を準備する

ご用意いただくもの

・ガラスベース

・クリスタルスアイス、クリスタルビーズ、ビー玉など

・フロールエバーのケースなどの透明プラスチック製の柔らかいもの

・テープ

 

2、プラスチックをカットする

プラスチックをガラスベースより小さくカットします。

 

3、輪にしてテープで留め、ベースに入れる

 

4、プラスチックとガラスベースの間にガラスビーズを入れる

偏らない様に均等にガラスビーズを入れていきます。   

 

ガラスビーズは半分の量で間に合います 。

 

ガラスベースでアーティフィシャルフラワーをアレンジ

茎を見せても美しいアーティフィシャルフラワーはそのままアレンジができます。

   

茎の透け感も美しく本物の様に見えます。

 

ガラスベースにセックブリックを設置する場合

セックブリックを設置する場合は、1センチほどガラスベースに入る様にカットして写真の様にオアシステープでしっかり留めます

 

ガラスの向こうまで透けるので光を通して涼しげですね。

 

いかがでしたでしょうか。

アーティフィシャルフラワーの茎を活かして飾るパターンでは簡単に花材を変えられますのでいろんなバリエーションで楽しむことができます。

また、セックブリックを設置すると蓋になりクリスタルアイスを固定することができますので発送することも可能になります

是非これからの涼しげなアレンジにご活用ください。

 

AZABU ROSE ROOM 寺町 なお美

HP:http://www.azabu-roseroom.com

Blog:https://ameblo.jp/azabu-roseroom/

FB:https://www.facebook.com/AZABU-ROSE-ROOM-1392683550980740/

Instagram:https://www.instagram.com/azabu_rose_room/?hl=ja

体験レッスン

カレンダー

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。