BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

一流フラワーアーティスト御用達・造花ブランド「asca」は他と何が違うのか?vol.1/2019クリスマス・お正月編

2019.07.12
投稿者:okamura

こんにちは。フラワーエデュケーションの岡村です。

7月に入り、プール開きのニュースを耳にするようになりました。

そんな夏休みを目前に控えた今日、こんな記事をご紹介するのも気が引けるのですが・・

花の仕事をしていたらしょうがないですよね笑

今日はベテランフラワーデザイナーにファンの多い、造花メーカー「asca」さんの秋冬展示会の様子や、新作・人気商品などをご紹介いたします。

デザインにこだわりがあるフローリストがこぞって選ぶascaのアーティフィシャルフラワーは、他と何が違うのか

クリスマスやお正月の新作と共に、詳しくご紹介します。

今日のレポートは一般の方にもご覧いただける公開ブログです。

ぜひ今冬のトレンドや、人気花材情報をキャッチして、秋・冬のレッスンや販売商品の参考にしてください!

FEJ会員の方は、こちらも併せてご覧ください☆

【横浜ディスプレイミュージアム冬クリスマス展示会】

【東京堂Autumn&Winter Collection 2019】

今回のTOPIC

・アーティフィシャルフラワーメーカーascaとは

・ascaの2019クリスマスイチオシ商品

・ascaのクリスマスもやっぱり「吊るし」ます

・ascaのお正月

 

6月上旬に品川にあるascaショップ型ショールーム「アン・デコール」秋/冬展示会に行ってきました。

ご案内してくださったのは、east side tokyoのMD/パイヤー星野さんと、asca営業部の中垣さん。

贅沢にも、現場の第一線で活躍されているお二人にご案内していただきながら、普通なら知ることのないメーカーさんのご苦労や作り手のこだわりなど、興味深いお話もたくさんもお伺いできて、200坪の店内を夢中で彷徨っていたら、ついつい2時間も居座ってしまいました笑

商品全てをご紹介することはできませんが、ascaさんならではのこだわり商品や、注目アイテムだけを厳選してご紹介いたします!

アーティフィシャルフラワーメーカー「asca」とは

ascaさんをご存知ない方は、きっとお花をはじめたばかりの方だと思います。

花業界では、その確かな品質を誰もが認めるアーティフィシャルフラワーメーカーです。

名古屋に本社がある「asca(アスカ商会)」の花は、どこででも購入できるわけではありません。

皆さんがよくご存じのところだと、ネット通販はなどんやさんや蔵前のeast side tokyoさんで全商品取り扱いがあります。
横浜ディスプレイミュージアムさんでも一部お取り扱い扱いがあります)

素材感やディテールへのこだわりが秀逸で、花業界以外にも、空間プロデューサーやディスプレイデザイナー、ショップバイヤーなどにもファンが多いブランドです。

特に色へのこだわりは素晴らしく、その世界観は誰もが認める逸品です。

東京と名古屋にショールームがありますので、ぜひ一度ご覧になってください。

◇東京ショップ&ショールーム/アン・デコール
東京都港区港南1丁目8番15号 Wビル1F

◇名古屋ショールーム/アネックス
名古屋市千種区新西一丁目1番8号
※名古屋ショールームは完全予約制/お取引先の確認有

ascaの2019クリスマスイチオシ商品

・ちょっと意外?!スイーツ系人気高めです

4月からあらゆる展示会を回ってきましたが、なんとなく今年のクリスマスのイメージ掴めてきたかな?と高をくくっていた私の鼻をへし折ったのが、このスイーツ系デコレーションです(笑)

AX69597 ジンジャーマンオーナメント 480yen

こんなに可愛いジンジャーマンオーナメントや

AX69596 キャンディーピック 380yen

こんなにポップなキャンディーピックも人気だそうです。

画像だとわかりづらいのですが、ザラメ系コーティングにこだわっているところは、なんともascaさんらしいですが、

私の中では既に2019クリスマスはドライテイストのナチュラルなイメージ・・と固まりはじめていたので、少し驚いてしまいましたが、見ればみるほど可愛いんです。

「可愛い」は高級感や特別感は演出しづらいものですが、本当に細かい部分まで丁寧に作ってあるので、これが人気なのは納得してしまいました。

スイーツ系以外も、とにかく豊富なピック。

小さいものだと240円~、豪華なものでも2,280円。クオリティの高いピックなので、目移りしてしまいます。

・リピーターの要望で再生産した人気オーナメントもやっぱり「可愛い系」

左・AX69468 パインコーンハンガー 1,560yen
中央上・AX69465 ベリーパインコーンオーナメント 680yen
中央下・AX69466 スノーベリーパインコーンオーナメント 820yen
右・AX69466 ベリーパインコーンオーナメント 1,100yen

こちらはお客様のご要望により、再生産されたアイテムだそうです。

アレンジに動きを出すのにも便利ですが、松ぼっくりでこんな風に可愛くデコレーションするワークショップなんかも人気が出そうですね。

左・AX69561トナカイオーナメント 2,440yen
右・AX69559ツリーオーナメント 1,900yen

こちらも見た目は可愛いですが、ウッドと自然素材でできた本格派。

これだけでクリスマス感が演出できてしまうので、キッズや親子向けのワークショップにもオススメです。

ascaのクリスマスもやっぱり「吊るし」ます

定番スワッグだけじゃない、ツリーも吊るします

インスタから火が付き、今や空前のスワッグブームですが、この冬もやはり「吊るす」がキーワードになっています。

AX69456 ユーカリミックススワッグ 7,980yen

ユーカリメインのグリーンスワッグを土台に、リボンやオーナメントでデコレーションしています。

お値段高めですが、360度豊富にグリーンがついているので、吊るすアレンジにオススメです。

AX69457 ハンギングスワッグ 4,400yen

こちらも流行りのハンギングスワッグ
この土台があれば、簡単にお洒落な作品が作れちゃいますね。

左・AX69442シーダーブッシュ 900yen
右・AX69441ミックスパインピツク 820yen

こちらは大きめのピックですが、逆さにしてミニスワッグに使えます。

ascaさんはこの手のピックが大変豊富なので、見ているだけで楽しいです。

AX69432 ミスルトゥピック 540yen

ミスルトゥ=Mistletoe→宿り木

宿り木は愛の木として幸福をもたらす植物とされています。

実際には木というより、ブナの木などに寄生する植物ですが、クリスマスにヤドリギの下でキスをすると結婚の約束をしたことになり、ヤドリギの祝福を受けることができるという言い伝えは有名です。(もう少し強引な説もありますが^^;)

ヨーロッパではクリスマスシーズンになると、町の花屋さんや市場などでヤドリギのスワッグが売られるのですが、なかなか日本ではお目にかかりませんよね。

今年のクリスマスレッスンには、ぜひヤドリギを使ってみてください。

east side tokyoのMD/パイヤー星野さんもオススメのミスルトゥピック。サイズ違いで3種類あるそうなので、ぜひチェックしてみてください。

ascaのお正月

・圧巻のクオリティ

胡蝶蘭A-73330⑦Bライトパープル⑦Dダークパープル 1,680yen
大マムA-73328マム 1,080yen

お正月商品のメインコーナーに佇むこちらの作品。

クオリティの高い花だけの正統派アレンジは、ascaさんらしさを凝縮した作品だと、しばし眺めてしまいました。

※携帯画像では美しさが伝えきれなかったので、ascaさんに特別に画像をご提供いただきました。ありがとうございました。

カタログにも掲載されている画像なのですが、カタログ(P144)ではアップで掲載されていますので、ぜひご覧ください!

web カタログはこちらからご覧いただけます↓
asca Catalog no.243 SEASONS Floral Paradigm 2019-2020

こちらもカタログではアップで掲載されていますので、ぜひwebカタログをご覧ください!(P142)

アスカさんの良さが凝縮された作品です。

・やっぱりタッセル

東京堂の秋冬コレクションのレポートでもお伝えしましたが、昨年に引き続き今年もタッセル人気は衰えないようです。

タッセルの種類もこんなにあります。

大きなものは920円~980円です。これだけ立派なタッセルなら豪華なしめ縄ができそうですね。

・ascaのちりめん

ascaのお正月の影の主役的なこのちりめんシリーズ。

7~8年前から力を入れてご提案されているそうなのですが、丁寧に作られていてとても可愛いです。

普通のアレンジメントにこのピックを挿すだけで、お正月アレンジにしてくれる便利なアイテム。

こちらも丁寧に作りこまれているので、安っぽく見えないところが素晴らしい!

このお節シリーズは、全てがほぼ直径5.5㎝です。

千円弱のものから、三段重になると三千円弱と高額ですが、実物を見ていただければ納得です。

こちらもMD/パイヤー星野さんオススメ商品です。お正月アレンジのまわりにぜひ飾っていただきたい逸品です。

・ascaオススメの新しいお正月飾り「紋様シリーズ」

左上・A-72130 紋様オーナメント㊹ナチュラル 760yen
右上・A-72131 紋様オーナメント㊹ナチュラル 760yen
左下・A-72132 紋様オーナメント(100)ブラック 800yen
右下・A-72133 紋様オーナメント(100)ブラック 800yen

ascaさんとeast side tokyoさんが今期お正月にイチオシされているのが、この紋様シリーズ。

華奢な雰囲気ですが、木製でしっかりした作りなので、高級感があります。

アレンジを加えるとこのようになります。

いつものお正月飾りに飽きてしまった常連さんへのレッスンや、ネットショップで真新しいものを求める感度の高いお客様への新商品としてもオススメです^^

 


いかがでしたでしょうか?

ascaさんのクリスマスとお正月の人気商品とイチオシ商品をご紹介させていただきました。

こんなに毎日暑いのに、クリスマスアレンジの事なんて考えられない・・というお気持ちよくわかります。

ですが実際に、人気教室や百貨店・ハンドメイドサイト等では、クリスマス/お正月の準備が進んでいます

私も先日、某百貨店の12月催事の商品ラインナップのお打ち合わせしてきたばかりです。

季節ものは完売したら再入荷はほぼありません。それを知っている先生方が早くから動き出すので、良い商品ほど秋には欠品が当たり前の業界です。

前回も、前々回も書きましたが(しつこい笑)、ハロウィンが終わってからでは良い花材は残っていませんので、ぜひ今年は今日ご紹介した内容を参考にしていただいて、気になる花材は早めに確保してくださいね^^

 

ascaさんレポートはこれで終わりではありません!

今回ご紹介仕切れなかったascaさんのメイン商材・アーティフィシャルフラワーを中心に、今何が売れていて、これから何が流行るのか。

秋・冬の新作花材と合わせて、次回はプロフェッショナルの部屋で詳しくご紹介いたします。

 

次回まで待てない!という方は、こちらのSNSで最新情報をご覧ください↓

east side tokyo instagram

ASCA COMPANY.LTD. instagram

 

■FEJ/CA会員の皆様へ■

今日ご紹介したascaさんの全商品を取り扱われているeast side tokyoさんとFEJ/CAがこの度提携することとなりました。

ascaさんの花材はもろちん、他メーカーさんの花材も卸価格でご購入いただけます。

花の団体ではFEJ/CAのみのご契約とのことで、大変ありがたいお話です。

つきましては、近日中に会員の皆様へeast side tokyoさんとの卸取引契約の提携方法のご案内をメルマガにてお送りさせていただきます。

ご希望の方は必ずメルマガをご覧ください。

どうぞ宜しくお願いいたします!

 

フラワーエデュケーション岡村

体験レッスン

カレンダー

2019年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。