BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

【会員専用無料メルマガ♪】人気の花屋さんに聞いて分かった最新トレンドまとめ

2019.08.27
投稿者:ayumi

FEJライセンススクール会員の皆様へお届けしている無料メルマガ「プロフェッショナルの部屋」。旬の情報から講師として必要な知識まで、花や手工芸に関する情報をお届けし、花活動のヒントにしていただいています。

皆さんこんにちは。フラワーエデュケーション本部です。

8月も終わりに近づいてまいりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

お子様が夏休みに入ってお盆に帰省したり、ご自宅で花火を楽しまれたりした方も多いのでは。

暑い日はまだ続いておりますので、熱中症対策をしながら夏のイベントをお楽しみくださいませ。

本日のメルマガは、「人気の花屋さんに聞いて分かった最新トレンドまとめ」

本日のプロフェッショナルの部屋は、ゼクシィライターの滝さんによる【人気の花屋さんに聞いて分かった最新トレンドまとめ】をお届けします。

今回のTOPIC

Topic.1 “男前ブーケ”が最近流行りの兆し。

Topic.2  こんなの見つけました!from.人気フラワー店

Topic.3  最近人気のフラワーアイテムは?

人気の花屋さんに聞いた最新トレンドにまつわるお話です。

最近流行りのブーケやフラワーアイテムはどのようなものなのでしょうか?

それでは滝さん、よろしくお願いいたします。

こちらはダイジェスト版で全てはご覧いただけないのですが、一部をご覧下さい。

こんにちは、ライターの滝です。

先日は、千葉のウォーターフロントにあるゲストハウスで、リアルカップルの結婚式を取材してきました。

最近の都内の結婚式では割と珍しく、かなり若いおふたりでしたので、ブーケトスが盛り上がってましたね~! 

「独身の女性の方、ぜひ前にお越しください」というアナウンス、久々に聞きました(汗)。

これって20代前半同士の式だと、このお声がけでも全然問題ないですが、大人同士の結婚式の場合は、ご本人が希望してもプランナーさんが別のご提案をすることも多いんです。

(年齢が高くなると既婚率が高くなるので「こんなところでわざわざ独身だってことをさらしたくない!」「そもそも離婚した……。」って方も結構いますからね(汗))

その代わりに、お友達にブーケを直接プレゼントしたり、独身既婚に関わらずみんなが参加できるブーケプルズをしたり、プチブーケをいくつか用意してふたりで投げたり(お菓子をまく人もいます)と、その方法は変わってきていますので、その辺りもぜひヒアリングして、素敵なフラワーアイテムをご用意してあげてもいいかなと思います。

というわけで(前置きが長くなってしまいました……)、

今回のメルマガでは、最近取材した人気のお花屋さんに聞いて分かった、最新トレンドをまとめてみました。ぜひみなさんのお仕事に活かしてくださいね。

 

 

Topic.1 “男前ブーケ”が最近流行りの兆し。

人気のお花屋さんに聞いたところ、ちょっと前まで流行っていたナチュラル系のブーケは鳴りを潜め、カッコいい系の男前ブーケがよく出るようになったそうです。

ファッションやヘアメイクの流行りと同じように、花嫁さんたちの好みも以前より変化の流れが早くなってきた気がします。

今回は以下、3つのスタイルをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

① ネイティブ系ブーケ

▼ネイティブ(ワイルド)フラワーメインのブーケ

※画像は本編をご覧ください。

 

高砂スペースに使うのもスタイリッシュでカッコイイ!

※画像は本編をご覧ください。

ワイルドブーケとも言われる、ネイティブフラワーを使ったブーケが最近の流行り。

様々な自然環境で自生するお花の総称で、力強い生命力を感じる花材は、まさにカッコイイ系の男前ブライズにぴったり!

(花材:ワックスフラワー、ユーカリ、リューカデンドロンパンパスグラス、コットンフラワー、バンクシアなど。プロテアなどをいれて個性的に。)

可愛い系があんまり好きでない花嫁さんなら、提案する価値ありです。

深みのある色みでまとめられたドライブーケなので、秋や冬のウエディングにもマッチすると思います。…

 

(この続きは、本編にてどうぞご覧くださいませ。ブーケやフラワーアイテム提案の参考になるかと思います♪)

体験レッスン

カレンダー

2019年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。