BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

過去最高売上を達成したのは家庭を大切にしている主婦デザイナーばかりです!-FEJ母の日催事レポート-

2016.06.08
投稿者:matukawa

 

img_preserved_sale_06
花の活動をされている皆様、母の日関連のお仕事本当にお疲れ様でした。

お疲れは出ませんでしたか?当協会の母の日百貨店出店も終了し、フラワーデザイナーとして出店された多くの会員さまも、6月に入った今は、いつもの日常に戻られていらっしゃいます。

会員さまの各ブログにもちらほらと感想が書かれておりました。そこで今日は花仕事の中でも一番のメインイベント母の日百貨店出店がどんな様子だったのかを会員様の感想より皆様にご紹介したいと思います。

当協会発足前より、一緒に百貨店に出店をしてくれているベテラン松川先生よりお伝えしたいと思います!(ベテランに見えない可愛い先生)

どうぞよろしくお願いいたします。

岡村


こんにちは。フラワーエデュケーションジャパン本部講師の松川です。

今回は、私も参加した「2016年FEJフルリール母の日催事」について、レポートをさせていただきます。

DSC_2213

今年の母の日催事を行った店舗はこちらです

●横浜高島屋様 フルリール母の日催事

●大丸東京店様 フルリール母の日催事

●大丸神戸店様 フルリール母の日催事


日本中で、たくさんのフルリール専属デザイナーが大活躍した母の日催事。

実は今年度、FEJフルリール史上、最高額の売上を出した店舗があります(詳しくは後半で!)。

デザイナー達がオリジナルデザインを発表し、制作も行い、接客も行うという大活躍の結果、出すことのできた過去最高額。

制作数も(ここでは申し上げられませんが)ものすごい数です。

そんなデザイナーさんたち、どんなすごい方なんでしょうか?

・・実は、殆どが家庭を大切にしている主婦の方ばかりなんです!

私も含めて、主婦デザイナーが大活躍した今年の催事について、ご紹介していきたいと思います!

 

FEJは毎年、一年で一番お花が売れる母の日に全国の百貨店で催事を行っています。

私も今まで、伊勢丹様、松屋様、高島屋様と数多くの百貨店催事にフルリールデザイナーとして参加させていただきました。

今年の母の日は、大丸東京店様の催事に参加させていただき、数週間前まで同じチームのみんなで連日夜な夜な連絡を取りあったり、追加制作に追われたりしていました。

皆さんと同じ目標に向かって頑張った日々はとても楽しかったです。

みなさま、百貨店の催事に出る人ってなんだかすごい先生だったり、特別な人脈をもっている人というイメージをお持ちではないですか?

FEJの催事に出ていらっしゃる方はそういう方ばかりではありません。

私自身、本部講師と自宅教室主宰をしてはおりますが、日常はまだまだ手のかかる2児の母で主婦なのです。

フルリールデザイナーの方達は、ご家庭のことも大切にされながらご活躍なさっている先生が多いことが特徴ではないかなと思います。

フルリールデザイナーが学ぶ販売コース、また販売代理店とは?

では、FEJデザイナーが学んでいる販売コースについて少しご紹介したいと思います。

販売コースは、FEJ資格取得コースを終えディプロマを取得された後にお進みいただけるコースです。

売るためのデザインやクレームのこない梱包方法・原価と上代計算など、これまでの百貨店販売実績から培ったノウハウに基づき学んでいきます。

また、コースの中には本部講師の講義があり、商品を売っていくための様々な方法も学びます。現場出店の経験を生かし毎年情報をアップデートして講義では皆様にお伝えしています。

講義は4時間みっちりなのですが、参加された皆さん楽しくてあっという間に感じた、とおっしゃる方がほとんど。楽しい時間ははやく過ぎるものですね^^

販売に必要なスキルをしっかりと学びたい方に「販売コース」はおすすめです。

また、販売コースを終え、ご希望の方はデザイナー登録制度を利用することができます。(代理店契約)

代理店になりますと、フルリールデザインが多数掲載されているカタログをご自身のお仕事のツールでお使いいただくことができ、またフルリール作品の販売をすることができます。

そしてご希望の方、頑張ってみよう!という方には、百貨店出店のチャンスもございます。(斡旋の企業ではありませんので、お申し込みの方全員に販売して頂ける保証はございません。地域によっては出店のない所もございます。ご了承くださいませ。)

催事経験者が初参加メンバーをフォローさせていただきますので、来年頑張ってみたい!という方は是非お近くのスクールにお問い合わせなさってみて下さい。

特に実際に百貨店に出店されたスクールでご受講されると現場のフレッシュな情報をもとにレッスンが出来るかと思います。

 

過去最高の売り上げを記録した横浜高島屋店

それでは今年、過去最高売上を記録した横浜高島屋メンバーの感想をご紹介します。

(各先生方のブログを一部抜粋させていただきました)

 横浜高島屋出店サブリーダー 鈴木先生

今年で6年目の横浜高島屋様。

毎年の出店にお客様も覚えて下さっていて、前にもいただいたんだけどね」と、2回目、3回目のお買上げの方も多いのが特徴です。

オリジナルデザインの商品は製作が追い付かないほど毎日毎日お買い上げ頂き、今までに無い程の製作数と販売数となりました。

初日から最終日まで高額商品を始め、オリジナルデザイン、定番商品と沢山の商品をお買い上げ頂きまして誠にありがとうございました。

昨年更新した売上高を今年も記録を塗り替えて最高額を記録しました!!

横浜高島屋出店サブリーダー 谷澤先生

会期中沢山の方々にご来店いただきまして、有難うございました。心から感謝しております。

完全に撤収する直前まで接客させて頂き、ご自宅用にお買い求め下さった方もいらっしゃいます。

私のオリジナルの高額商品は最終日にも贈り物としてお買い求めいただき全て完売致しました。

売上更新!最高額の売り上げのお祝いとお疲れ様会をしました。皆さまお疲れ様でした。

 横浜高島屋出店矢島先生

横浜高島屋 フルリールショップ先日から売り場を拡大してますます好評です!

移動して初日がお当番だったのですが、たくさんのお客様がいらしてくださいました。お話もたくさんさせていただきましたよ。

今回は「母の日」ということで展開させていただいておりますが、それ以外の用途の方も多く、 結婚お祝い、お誕生日、転居お祝い、感謝の気持ち、お客様の「お花贈り」にはそれぞれエピソードがあります。

そんな大切な場面にフルリールのプリザーブドフラワーを選んでいただけるなんて本当に光栄です!

恥ずかしくないように、しっかりよいものを作らなくては!と身が引き締まる思いでおります。

準備した在庫が次々なくなっていきますので、今日も作り続けております!

過去最高の売上げを記録した横浜高島屋店参加の先生のコメントをご紹介させていただきました。

横浜高島屋メンバーの皆様、連日の追加制作本当にお疲れ様でした。

ご参考までに申し上げますと、上記の3名様いずれも、家庭をお持ちの主婦デザイナーさんです^^

家庭と花の仕事を両立しながら、過去最高となる売り上げを出された先生方。本当にすごいです!

催事は参加して終わり、ということではなく、その経験がご自身のお花活動にどう生きてくるかは本当に皆様それぞれです。

2度3度と参加されぐっとクオリティが上がりスクール業オーダー業等に生かされている方、催事のご経験をきっかけに別の大きなお仕事につなげていらっしゃる方等、催事後も引き続き頑張っていらっしゃる方を見るととても嬉しくなります。

自分の話で僭越ですが、私は初参加した8年ほど前の百貨店様催事で約130個のアレンジを作り納品させていただきました。初参加で130という数、本当によくお任せいただけたと心から有難く思っています。

初参加した時、いつもはお客さんの立場だった自分の作品に有名百貨店のプライスシールが貼られ店頭に並び一生懸命悩んで作った作品をお客様が素敵ですね!と目の前でご購入下さる、良い買い物ができたわ、とお客様が笑顔になって下さる、すべてが感動でした。

お花が好きな人にとって、作ることが好きな人にとってこんなに幸せなことってない!

ずっと続けばいいのに、と本気で思ったことを覚えています。そしてこれが私のお花活動の原点でもあります。

催事に参加しますと、毎回いくつものドラマがあります。

そのドラマは最初は自分が中心で、自分のことに精一杯ですが、何度も経験するうちに生徒さんと一緒に参加するようになり、生徒さんの成長や活躍が自分の喜びになってくるのです。

何度参加しても何年目でもさまざまな方向から喜びを感じることができる、これこそ催事の醍醐味ではないでしょうか。

本日ご紹介の販売コースにつきましてはこちらに詳細がございます。

またフラワーエデュケーションジャパンのスクールはこちらからご覧いただけます。

  

松川

体験レッスン

カレンダー

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。