BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

超簡単!誰でも作れる「かすみ草ブーケレシピ」

2016.07.05
投稿者:fujie
14

かすみ草の魅力

『かすみ草の花嫁が究極に可愛い!ウェディングでの使い方』では、かすみ草の魅力と、世界的にかすみ草ブームが起きていて、ブライダイルなどで多用されるようになってきていることなどをお伝えいたしました。
 
まだお読みで無い方は、あわせてご覧下さい。
<かすみ草の花嫁が究極に可愛い!ウェディングでの使い方
 
かすみ草はなでしこの仲間の小さな花なのですが、品種改良された八重咲(ポンポン咲き)が出回るようになり、よりボリュームを出しやすくなったことが、人気を後押ししています。
 
そんなかすみ草、ボリュームたっぷりに束ねていくと、本当に愛らしくて清楚な花束になります。
 
今までになかったフォルムや雰囲気が人気を集めているかすみ草ブーケ。世界中のおしゃれな花嫁が、こぞってこのかすみ草をブライダルで使っていはじめています。

世界のかすみ草ブーケをご紹介

それでは、実際に世界中で使われているかすみ草のブーケをご紹介したいと思います。

かすみ草だけのシンプルブーケは本当に清楚です。

5aa65a8295de5aaef2f46482326eaeae
1fb618bade7a97fe559d475565bdf3ed
c33a5e4e514a686b64141ec34cf62189
トルコキキョウとカスミ草のブーケ。
e659a64852c76116d9abd74401404f00
シルバーリーフとかすみ草のブーケ。
2db007922ede5d068d66495054c9f712
アジサイとかすみ草のブーケ。
6468a21d41d9ee2291086766a0bbea69
リーフをたっぷりと入れ込んだら、すずらんのようにも見えます。
46941ad43408473a86e2a19383f03fc0
ジャスミンとも良く合うかすみ草。
ceb4fff2f46ce785ace80d5fbfd4555b
ユーカリだけ花嫁と共通の、ブライズメイドのカスミ草ブーケ。bfede00669916e1910f65ecbd05c74ec
フラワーガールのボールブーケは本当にラブリーです。
0d6aa4c5560d8847372450f46b316668

かすみ草ブーケのレシピ 

世界のかすみ草ブーケをご覧いただいた後は、レシピをご紹介いたします。

参考になるよう、本数別の大きさもご覧いただけます。

かすみ草を束ねる

かすみ草を束ねていきます。
スパイラルなどの難しいテクニックは不要で、お好みの大きさになるまで、花を足していきます。

1-horz
トップの丸みを意識しながら、丁寧にかすみ草を束ねます。
あとでヒモで結ぶ場所(バインディングポイント)がずれないように、左手でしっかりと握っておきます。

本数別の大きさ

ご参考までに、花の本数別の大きさをご紹介いたします。

3-tile左10本、右が20本

6-tile
左30本、右が40本
時期や入荷状況で花付きや花の大きさが異なりますので、上記はあくまでもご参考までに。

ヒモで束ねる

ヒモはラフィア、リボン、麻ヒモなどなんでもOK。
ご自分のイメージに合わせたヒモで、バインディングポイントをしっかり結んで下さい。

8-tile

ラフィアを使う場合は、水に入れて湿らせてから使います。しっかりと緩みのないように束ねて、結んでおきます。

茎をカットして整えます

余分な茎をカットします

11-tile

茎の長さはお好みで。カットしたら水の入ったグラスに入れて、全体の形を整えます。

完成です

今回は40本で作りました。
ボリュームタップリで愛らしいブーケが完成です。

finished

おわりに

15

誰からも愛される花、かすみ草のブーケとそのレシピをご紹介いたしました。

カジュアルで肩肘を張らないけれど、上品な花嫁スタイルに仕上がるかすみ草。

ブーケは本当に驚くほど短時間で仕上げることが出来るので、ブライダルだけでなく、気軽なインテリアブーケとしてもお楽しみ下さい。

飾ってしばらく楽しんだら、ドライにして楽しむことも出来ますよ。

次回は、かすみ草で作るリースのレシピをご紹介いたします。こちらもとてもステキなので、ぜひご覧いただければと思います。
<かすみ草で作るリースのレシピを公開します!

profminimini

 

 

 

 

こちらの記事もオススメです♪

体験レッスン

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。