BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

母の日にも使えるフラワーアレンジが豪華に見えるレース付きリボンの作り方

2017.04.19
投稿者:okada

 いつものリボンや布地に、お気に入りのレースをグルーガンでつけるだけで、グレードアップしたリボン飾りを作ることが出来ます。

すごく簡単で、バレッタや髪留めにも応用できるリボンの作り方を、きょうはご紹介したいと思います。

 作り方

今回使用したのは幅72mmのリボンです。豪華で大きなリボンにしたいので、これを2本使って倍の幅にしていきます。
長さは、作りたいリボンの仕上りの上下幅の約3倍取ります。
 

貼り合わせます

 両面テープで中央を貼り合わせます。

レースをリボンに着けます

グルーガンでレースをリボンの両端に着けていきます。

 筒状にしていきます

 両面テープで上下を貼り合わせて筒状にします。

今回はヒラヒラした感じを残したかったので、左右は閉じていませんが、お好みで、両面テープで貼り合わせてしまってもOKです。

中央を細いリボンで留める

筒状になったリボンの中央に、きれいにギャザーを寄せて、細いリボンを使って、裏で縛り留めます。
その後、リボンのほどけ防止にグルーガンで上から縛った部分を留めておきます。

リボンに厚みがあって大きい場合、細いリボンを結ばず、グルーガンや両面テープで留めるだけだと、ほどけてしまうことがあります!

形を整えて完成!

きれいに形を整えたら完成です!

おわりに

シンプルなアレンジでも、レースがついたリボンを入れただけで、とても豪華に変身します。

バレッタやゴム留めにも応用できる簡単でかわいいリボン。イニシャルチャームやタッセル、お花パーツなどと一緒にデコレーションしたら、さらに華やかになりそうです。どうぞお試し下さいね!


 

 

 

 こちらの記事もオススメです
体験レッスン

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。