BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

【会員専用無料メルマガ♪】手作りサイトで本当に作品は売れる?⇒売れます!本当に。

2018.01.23
投稿者:okada

FEJライセンススクール会員の皆様へお届けしている無料メルマガ「プロフェッショナルの部屋」。旬の情報から講師として必要な知識まで、プロの花講師として活躍する為のヒントを毎月お届けしています。

フラワーエデュケーションの岡田です。

今週のライセンス会員専用メルマガ「プロフェッショナルの部屋」は、藤江のコラム「ゆきこの部屋」をお届けいたします。

先日、代理店契約者の皆様には母の日催事参加者募集のお知らせを配信させていただきました。

お陰様で、たくさんの方にご参加のお申込みを頂いています。

最近良く、ネットで自分の作品を販売をしたいというご相談を本部に頂きますが、まずはFEJ催事に参加し、実店舗での販売からがんばってみます!という方も、そんな中にはいらっしゃるようです^^

今回のゆきこの部屋は、そんなフラワーギフト販売にご興味がある方にお読みいただきたい内容となっています。

本日のTOPICS

【手作りサイトのミンネやクリーマで、本当に作品は売れるの??前編】

こちらはダイジェスト版になり、詳細はお伝え出来ませんが、ぜひライセンススクールの皆様は、本文をお読みいただければと思います。

それではどうぞご覧下さい!

(ここからメルマガの内容を一部抜粋します)

本日は、かねてよりお問合せやご相談が多くあった「手作りサイトで販売したいけれど本当に売れるの?」をテーマにお届けしたいと思います。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、一昨年開始した「FEJプチ相談会」。販売や教室活動の悩みをお聞きして、私や岡村がこうしたらもっと良いのでは?とお茶を飲みながら相談をする、という会を度々開催しました。

その中で圧倒的に多かったご相談は手作りサイトに参加して花を販売していきたい、というものでした。

「仕事は辞められないし、辞める予定もないのだけれど空いた時間に販売をしてみたい」

「できれば、手作りサイトに出品して販売をしていきたい」

(中には実際に手作りサイトで年間数百個の花を販売しているすごい会員様もいらしてその方はその方で次のステージのお悩み相談でした。)

アドバイスは実際に私自身が行ってみて、その結果を伝えた方が真実をお伝えできるし、その方が役立つアドバイスができるのではと考えました。口だけでしたら何とでも言えます。例えば、写真をもっと勉強したらいいよとか、作品の値段が高すぎするのでは?等々。

皆様から寄せられる悩みに対して、実績もないのにアドバイスも何もないものだ、と考えた結果、昨年のある日ひっそりと出店をしてみたのです。

本日は実際に私が出店を行った結果のレポートを2回にわけてお届けいたします。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

手作りサイトのミンネやクリーマで本当に作品は売れるの??

結論から申し上げると「売れます。本当に」

―2か月目より注文が入り、3か月目で約○万円の売上―

簡単に概要をご説明します。

●私が取り組んだのは2か月間のみです

●実際の作業時間は約3~4日間で、注文商品の制作時間はこれに含んでいません

●商品制作から発送まで1つ約30分の作業時間です(制作時間は1作品10分~15分位)

●1か月目の注文数は「ゼロ」でした(かなり悲しかったです)

●2か月目より注文が入るようになり、3か月目には2か月の倍の売上となり、平均販売価格約○円で、販売数は約○個で売上○万円ほど、粗利は約○万円です(数字の詳細は本編をご覧下さい☆)

これを少ないと感じる人もいるかもしれませんが、おそらくもう少し力を入れて取り組んでいたら4~5か月目には倍の○万円の売上にはなっています。そうなると、粗利は○万円/月で、年間にすると粗利益約○万円となります。

これはFEJ資格取得コースに○名入るのと同じくらいの粗利となる計算です。

手作りサイト初参加でも本気で取り組めばもっと上の売上を見込めることがわかります。

~中略~

手作りサイトで商品(花)を売る4つのコツ

この後、本編では4つのコツをお伝えしています。売上が圧倒的に増えるようになる「ピックアップ作品」に選ばれる意外なポイントもお知らせしていますので、ぜひご覧下さいませ。

まとめ

同じものが売れていくと、制作スピードもあがり、私は制作から梱包まで入れても30分あれば全てが完了していました。

鉄板商品が出来上がれば、子どもの小さい人、仕事をされている人でも空いた時間にかなりの数を作ることが可能となります。

手作りサイトでの花の販売活動は、平日は仕事や子育てで忙しい人でも自分のペースで活動をすることができます。

手作りサイトで、売上が一千万円単位というような大きな粗利は難しいですが、好きなもの作りで活動ができ、かつお客様との楽しい会話も体験できます。

自分が作ったもので人が喜んでくれる。これをダイレクトにみられることほど幸せなことはないなあと感じますし、手作りサイトへの出品はそれが醍醐味だと思いました。

もちろん、良いことばかりではありません。これは失敗したと思う出来事もありました。売れると思って出した作品がひとつも売れない体験もしています。次回は手作りサイトで販売する際の様々な注意点をお話ししたいと思います。  

藤江

*****

本編では、中心価格帯や、年間で予想できる売上高などについても触れています。

ご興味のあるライセンススクールの会員様は、ぜひ本編をご覧下さいね!岡田

<1/23配信【手作りサイトのミンネやクリーマで、本当に作品は売れるの??前編】
(ライセンススクール専用パスワードからお入り下さい☆)

体験レッスン

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。