BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

卒業式・卒園式に贈りたい、一輪花束を豪華に見せるラッピング方法

2018.02.22
投稿者:okada

まもなく訪れる卒業シーズン。

お世話になった先生や卒業生に、花束をお贈りする学校が多いようですね^^感謝の気持ちや、お疲れ様の気持ちが込もったお花は、例え1輪でもいただけばうれしいものです。

そんな花束、できれば豪華に見せたいところではないでしょうか。

そこで今日は、1輪の花を豪華に見せるラッピングについて、ご紹介したいと思います。

こちらでも違うタイプの1輪花束ラッピングをご紹介していますのでご覧下さい
<PTAやイベントで大活躍!簡単で豪華に見える1輪花束ラッピング【動画あり】

材料

薄葉紙(または不織布)、ラッピングペーパー、透明フィルム、コットン、アルミホイル、シール、カーリングリボン、セロテープ

ラッピングの仕方

1)保水処理をする

まずは保水処理です。

たっぷりのお水につけて水揚げしておいたお花に、水を含ませたコットンを巻きつけ、その上から、水がもれないようにアルミホイルを巻いておきます。

2)薄葉紙をまく

正方形にカットした薄葉紙(または不織布)の中央に花を置きます。

・左側を折ります

・底の部分を上に折ります

・右側を折ります。

3)ラッピングペーパーとラッピング用の透明フィルムを巻く

ラッピングペーパーも薄葉紙と同様に巻きます。

さらに同様に、ラッピング用透明フィルムも巻いて、裏でテープで止めておきます。

4)リボンを巻く

リボンを巻いていきます

・カーリングリボンを左右長さをちがえ、写真のようにシールで留めます

・カーリングリボンの裏側を、ハサミの背で力を入れて、しっかりしごきます

・くるくるとカールが出来、華やかになりました

花束に貼ります

・長い方のリボンで、花束を結びます。カールが無くならないように、緩みを持たせて結んで下さい

・裏で結んでカットします

完成です

スイトピーの花1輪ですが、かわいいラッピングで豪華な雰囲気に変身しました!

それぞれのラッピング用紙は、大きさを少しずつ変えるのがポイントになります。

今回は1輪用としてご提案いたしましたが、この方法を使っていただくと、大きな花束もラッピング可能です(その場合は、ラッピング後、カーリングリボンを巻く前に、他のヒモでしっかりと結んでおいて下さい)。

想い出に残る式の演出にぜひお役立て下さいませ^^

profminimini

 

 

 

 

こちらの記事もオススメです♪

体験レッスン

カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。